ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

よせよせ、ジョニー

イタリア映画祭で見たもう1本がこの『よせよせ、ジョニー』。

ナポリ近郊の小さな町、カゼルタで暮らすファウスト。
父親が亡くなり、今は母との二人暮らし。
ギタリストとしてバンドに参加している。

そんなファウストを待ち受けているのが兵役。
母子二人暮らしということで、あとは定職についていることを証明しさえすれば、
兵役が免除される。
そこで、バンドの仕事を斡旋してくれていた興行師に、
契約書を書いてくれるようお願いするのだけれど、なかなかことは進まない。

ある日、ミラノから著名なミュージシャン(監督のベンティヴォッリョが演じている)がやってきた。
興行師に言われるがまま、彼の世話をし、彼と共にステージに上るファウスト。
これで、すべてがうまくいくかのように思えた。
しかし、旅の途中で興行師が姿をくらまし、契約書どころかギャラももらえなかった。

すべて降り出しに戻ったある日、ミラノへ戻った彼のミュージシャンから、
ギターを持ってミラノへやってくるようにとの電話。
ためらいながらも、ミラノへ向かったファウストだったが……。

最後は何とも不可思議な終わり方でした。
見る人によって、ハッピーエンドともとれるし、その反対にもとれるし……。
私は、う〜ん、納得いかなかった派です。

適当な口約束、その場しのぎの即興バンド、惚れっぽい男…
イタリアだぁ、って笑えるエピソードが満載でした。
多くの人が抱いているだろうイタリアのイメージを、
うまーく笑いの小道具に使っています。
ただ、おとなしく従順でうぶなファウストだけは、
ステレオタイプのイタリア人像とかけ離れていました。
きっと、イタリアにもこういうおとなしい子いるはずですけどね。
なかなか出会わないタイプかも。

タイトルの「ジョニー」はいったい誰なのか?
ミュージシャンがファウストに呼びかけた名前が「ジョニー」。
「ミラノでは親しい人に呼びかける時には“ジョニー”と言うらしい」ってファウスト。
天然なのか、ばかがつくほど素直なのか。
とにかくファウストのかわいさに、気づいたらノックアウトされていそうな、そんな一本でした。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-03 17:48 | 映画 イタリア
<< 深読みし過ぎ 運命に逆らったシチリアの女 >>