ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

歩く歩く東京案内2

ジョルジョとの東京観光2日目。
ジョルジョの希望は浅草で浅草寺を見て、水上バスに乗って浜離宮へ行くこと。
ついでに築地にも、と話していたのですが、日曜日は築地は閉まっているのですね。
残念。

そこで、浅草に行く前に上野へ寄り、
東京国立博物館で催されている『阿修羅展』へ。

思っていたより行列はありませんでしたが(10分待ち)、
中はすごい人! 人・人・人! 
『フェルメール展』のときと同じくらい人・人・人!
やっとのことでたどり着いた『阿修羅』は、
やっぱりというか、想像以上に美しかったです。
そして想像以上に華奢でした。
ジョルジョも感動してくれたと信じていますが、
ひょっとしたら彼以上に私の方が感動していたかも。

興奮を引きづりながら浅草へ。
お寺でも仲見世通りでも、いまいち冷めているジョルジョ。
ザ・ミヤゲっていう感じに引いたのかもしれません。
それからおみくじに群がる人たちにも。
「未来は自分で決めろ!」とかブツクサ言っていました。

さて、昼食タイムです。
ジョルジョはまたもや何も食べないと言います。
困りました。何しろ浅草です。
寿司屋、天ぷら屋、そば屋しかないんじゃないかと思うくらいの町。
きっとどこかに喫茶店もあるはずだけれど、
もうジョルジョの足も止まりそうです。
結局、そういった店で一人分だけ注文する勇気はなく、結局デニーズへ。
でも、ジョルジョにはなぜこれほどたくさんの店があるのに、こんなにうろうろしたのか、
理解してもらえなかったみたい。
どうなんでしょう? ああいう店でも、一人はお茶だけ、って許されるものなんでしょうか?

修学旅行生に混じって休憩した後は、
今度は水上バスです。
浜離宮までの道中、ジョルジョが一番関心を示したのは、
月島辺りの高層マンション群。
目を点にしていました。

そして最終目的地の浜離宮。
私も初めてのこの庭園。
ここでジョルジョを驚かせたのは、
シートを引いて談笑するマダムたち。
「ピクニックしにくる人もいるんだなぁ」って。
そう、あんまり植物には目がいかないみたいでした。
でも緑の中を歩くのは、ビルの中を歩くのよりも気持ちが良かったです。
ただ、暑い!!

さて、ジョルジョをホテルへお送りする時間です。
直線距離にしたら多分ホテルまで一キロもなかったのですが、
またまた地下鉄。
あぁ、そしたら銀座線の新橋駅まで結構ありました。
こんなことなら、さっさとタクシーに乗れば良かった! と後悔。
地下鉄降りて、坂道を上りながら、足が吊っちゃいそうでした。
貧乏性はダメですね

ジョルジョは一日中、元気にお喋りしていましたが、
その中で気になる言い回しが。
「parente da destra e parente da sinistra」
直訳すると「右の親類と左の親類」です。
「どういう意味?」と聞くと、「つまりぼくの方の親類と妻の方の親類だよ」と。
「へ〜、そんな言い方するんだ、初めて聞いた!」って喜んだら、
「いや、つまりぼくが考えた言い方だけどね」だって。
ちょっとがっくりしましたが、何となく良い言い回しですよね。

ところで
この二日間のギャラは……
ユーロでいただきました。
「これ持ってミラノに来い!」って。
Speriamo!(願いましょう) 
今年は無理そうだから、来年。
大切にしまっておきます。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-14 21:50 | 本日のイタリア語
<< 機能しているのはどっち? 歩く歩く東京案内 >>