ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

日帰り京都 

ピネッラたちとの観光4日目。

最終日のこの日は、朝5時半に起きて、京都へ。
アンドレアは、新宿、恵比寿、代官山、代々木公園をまだ見ていないから、と一人東京に残ることに。
ピネッラとラファエーレとの3人旅になりました。

コースはすべて任せると言われ、この2日間ガイドブックとにらめっこ。
正味9時間ほどで、どれくらい回れるものか、はずしていけないのはどこか。

やっぱりまずは清水寺。
b0171200_1835959.jpg

あいにくの天気だったけれど、清水坂は人でいっぱい。
ピネッラたちの足もすぐに止まって、仁王門にたどりつくまでに30分以上かかってしまいました。
意外だったのは、ラファエーレが“生八つ橋”を試食し気に入ったこと。
バナナチョコレートが入っている八つ橋(こんなものがあるとは!)を2回もらっていました。

清水の舞台は、記憶の中のまま。
迫力です。
あとひと月遅かったら、紅葉に包まれているのかな。

本堂の裏には「地主神社」というものがあるんですね。
「どうしてお寺の中に神社?」
答えられませんでした。今更ながらすごく不思議です。

b0171200_1845488.jpg

本堂からの坂道で、ムカデと出会いました。
初めて本物見たかも。

b0171200_17521260.jpg

b0171200_17522677.jpg

三年坂から二年坂へ。
そして
b0171200_180991.jpg

これぞ、“ザ・キョウト”? 
期待通り、2人とも興奮ぎみに喜んでくれました。
お天気が良かったら、もっと煌めいてくれたのかなぁ。

お次は
b0171200_1811397.jpg

龍安寺の石庭です。
このお庭、私自身とっても感動した記憶があり、きっと喜ぶと思っていたのですが…

ダメだった〜。この侘び寂びはまったく理解されず。
「これが?」「えっ、これだけ?」とがっかりされてしまいました。

b0171200_1882296.jpg

まあ、お庭の青もみじは素晴らしく美しかったです。

本当は仁和寺、広隆寺と続けて行きたかったのですが、
「もうお寺はいいや」と。龍安寺によほどがっかりしちゃったのかも。
じゃあ町に出ようか、と思いきや、ピネッラがガイドブックの写真を指差し、「ここには行っておきたいわ」と。

b0171200_1819575.jpg

再び町を突っ切って、伏見稲荷へ。
雨足も強くなって、もう薄暗くなり始めていましたが、その赤い鳥居のトンネルは美しかった。
2人もご満悦。しかもここは商売繁盛の神様が祭られている神社。
しっかり2人の商売繁盛を祈願して、招き猫を購入。

それにしても、なぜ鳥居のトンネル? 
ガイドブックにも書いていない。
きっと何か理由があるはずですよねぇ。どうしてこんなにたくさんの鳥居を建てたのだ?
ホント不思議です。

それから町に出ました。やっと昼食兼早めの夕ご飯。
そして、夜の祇園。
b0171200_18274613.jpg

最後はこの古い町並みに2人とも満足した様子。
私もホッと胸をなでおろし観光終了です。

京都駅に出て、最後のお土産購入。
七味を購入した私の真似して、ピネッラは激辛七味と粉山椒をいくつも買っていました。
七味はまだしも山椒をイタリア人が使うかなぁ? って疑問でしたが、まあいいか。
きっと感想を教えてくれるはず。楽しみにしていようと思います。

帰りの新幹線は、2人とも爆睡。
品川駅でお別れです。
とっても良い人たちだったので、私はウルウル。
少しでも喜んでもらえたのなら、嬉しいのだけれど。
にしても、もっともっと日本のこと勉強しなければ。
電子辞書の百科事典でいろいろ調べながら、帰宅しました。
とりあえず、新たにわかった知識をイタリア語にして、後日説明ということでメールしようっと。
[PR]
by arinko-s | 2009-10-10 18:40 | 本日のイタリア語
<< LA SOLITUDINE D... 歩く歩く東京案内 その2 3日目 >>