ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

ternitti

b0171200_14573956.jpg


原題の「ternitti」は、「eternit」(石綿セメント)と「tetto」(屋根)のプーリア方言。

1975年、プーリア州・レッチェ近郊の小さな町に暮らすオルランド一家は、スイスのチューリッヒへ仕事を求め引っ越していきます。
打ち捨てられたガラス工場で、イタリア南部各地からやってきた人たちとの共同生活が始まります。
そして父親のアントニオは、石綿(アスベスト)工場で働きはじめました。

オルランド家の娘、15歳のミミーは、父親と同じ、労働移民のイッパツィオと「ガラスの家」で出会います。
夜、両親が寝静まってから、毎夜イッパツィオのベッドへ向かい、マッチでお互いの顔を照らしながらこっそりと時を過ごすようになるのです。

ここで舞台は1993年に。
母親になったミミーは、故郷に戻り、ネクタイ工場で働きながら、ひとりで娘を育てています。
娘のアリアンナは18歳。つまり、チューリッヒで産んだ子どもです。
アルコール中毒になってしまった弟のビアジーノと、年老いた両親。
ミミーもそれなりに恋愛をくり返し、友人たちとの時間を楽しみ、大人になっていくアリアンナを愛し、日々を過ごしています。

1999年。父親のアントニオが亡くなります。
チューリッヒのアスベスト工場で一緒に働いていた同郷の人たちも、皆次々と亡くなっていきます。
もう誰もが、彼らの死の原因を知っている。

そんなころ、チューリッヒで家庭を築いていたイッパツィオも故郷に帰ってきます。
それを噂で聞いたミミー。イッパツィオが自分の死期を察し、故郷で死ぬことを望み帰国したに違いないと確信します。
そしてある日、彼に会いに行く。
胸が張り裂けそうになりながら、イッパツィオに話しかけるミミー。
自分は、すぐそこにいる中年男の中に、初めて愛した男性の若い頃の面影をいくつも見つけるのに、相手はまったく自分のことに気づかない。
ミミーは自分から、かつての恋人だと告白します。

ふたりは、幼なじみのようにいろいろと語り合います。
そしてミミーは、イッパツィオがなぜお腹に赤ちゃんのいるミミーを捨てたのかを知ることになります。
その理由に、ミミーは絶望感を覚え、その場から逃げ出してしまいました。

そして時は流れ、2011年。
ミミーの働くネクタイ工場は、製産拠点を中国とインドへ移すことに。
ミミーたち、女子工員はストライキを敢行。屋根の上でハンストを起こします。
そこに現れたイッパツィオ。ガソリンを体にかけ、ミミーにマッチで火をつけてくれ、と頼みます。
それが、イッパツィオの考えた罪滅ぼし。
ミミーに火をつけてもらって死ぬのならば、それは本望だというのです。

けれども、突然の雨。
ガソリンは流れ落ち、マッチも濡れて…
ミミーはイッパツィオに「この屋根の上に一緒に残る?」と聞くのでした。

という、お話。
数年前、日本でもアスベストによる肺がん、中皮腫疾患患者の話題がしきりに報道されていた時期がありましたが、イタリアでも同じ問題があることを初めて知りました。
しかもそれは、イタリア南部の移民労働者に多いということ。
1960年から1980年の20年間で、ミミーの故郷カポ・ディ・レウカから2千人もの人がスイスのアスベスト工場へ出稼ぎに行き、その大部分の人たちが現在までに発病、もしくは亡くなっているそうです。

最初、アスベストに引き裂かれた恋人の話かと読み進めていましたが、そうではなく…
幼い恋人たちの切ない話かと思えば、またそうでもなく…
イッパツィオは、15歳のミミーが妊娠すると、誰の子どもだかわからない、と逃げ出したのです。
そして死期が迫っていることを知ると、今度は妻とふたりの子どもを捨てて、ひとり故郷に逃げてしまう。
う〜ん、なんだか情けない男です。

その反面、ミミーはとっても強くて前向きな女性。
娘アリアンナの友だちとも仲良く、もちろん娘のこともとても大切にしている。
イッパツィオにはまったく共感できませんでしたが、このイッパツィオよりも数倍しっかり者のミミーはとても魅力的で、ミミーの行方が気になってぐいぐい読み進められる感じでした。

あとは、プーリアの風景や匂いが感じられるような描写がとても美しい!
エメラルドの海、白い水しぶき、まっ赤な夕日、オリーブの林…

途中、プーリアに漂着する移民船から降りてきた移民をミミーが助ける場面がありますが、その辺りは、現在次から次へとやってくる移民たちに対するイタリア人の思いなどもかいま見られます。
自分たちにも移民の歴史があるイタリアですから、やっぱり気持ちは複雑でしょうねぇ。

著者のMario Desiati(マリオ・デジアーティ)は、1977年生まれ、プーリア州マルティーナ・フランカの出身。
4作目のこの小説で、イタリアの最高権威の文学賞であるストレーガ賞にノミネートされています。
[PR]
by arinko-s | 2011-05-28 22:10 | 読書 イタリア語
<< IMMATURI 大人になりき... Non ti Muovere >>