ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

UN UOMO SENZA PANCIA…… お腹の出ていない人間なんて

『L'Espresso』誌の写真ルポ、ネット版に、ローマ近郊の海水浴場の写真を集めたものがありました。
タイトルは「経済危機時代の海岸」。
朝から夜まで、これでもかっていうくらい、日焼けすることにいそしむイタリア人。
どんなに太っていようが、水着はもちろんビキニ。
若いカップルは、周囲を気にせずイチャイチャで、
監視員はたくましく、そしてそこには必ず屋台。

経済は、今どん底のイタリアですが、海岸は例年と変わらず、ってことですね。
b0171200_214876.jpg

そうです、イタリアの水着は、基本ビキニ。
日本では、ビキニは細い人専用、って感じですが、イタリアではみんなビキニ。
こんな大きなサイズのビキニ、日本じゃ売っていませんよね。
でも例え売っていたとしても、日本の海水浴場じゃ、やっぱりこのサイズは着る勇気でないかも。
周囲に励まされるってことありますよね〜。

b0171200_20532983.jpg

気になったのは、このTシャツに書かれた文字。
UN UOMO SENZA PANCIA È COME UN CIELO SENZA STELLE
腹の出ていない人間なんて、星の出ていない空のようなものだ、と書かれています。
素晴しい、この開き直り!
この「人間」の部分、「男」ともとれますが、ここは男女平等に、男でも女でもお腹の肉は空にまたたく星のようなもの、という意味であってほしいなあ。
だからこそ、女性も堂々ビキニを着られるってものですよね。

写真は『L'Espresso』のLorenzo Meloni氏のもの。
本当の写真はこちらから → 
[PR]
by arinko-s | 2011-08-05 21:08 | 本日のイタリア語
<< Un filo d'o... イタリアの自然放射線 >>