ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

LA TIGRE E LA NEVE

b0171200_101249.jpg

2005年に公開されたベニーニの映画です。

ローマに暮らす詩人で大学教授のアッティリオ(ベニーニ)。
アッティリオには、別れた妻との間にふたりの娘がいます。
思春期の娘に、恋愛指南を語る一方で、実はアッティリオ自身が猛烈な片思いをしています。
お相手は、作家のヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)。
毎晩、彼女と結婚式をあげる夢を見るほど、その思いは募るばかり。
けれどもヴィットリアに結婚を申し込むと、ヴィットリアは「ローマに雪が降って、そこに虎がいたら、考えてもいいわ」とつれない返事。

イラク人の有名な詩人、フアド(ジャン・レノ)は、そんなふたりの共通の知人でした。
フアドは長いことパリで亡命生活を送っていましたが、イラク戦争の始まった祖国を憂慮し、帰国することを決意します。
フアドの伝記を執筆中だったヴィットリアは、フアドを追ってバクダッドに入りました。

そんなある夜のこと、アッティリオの元に一本の電話があります。
ヴィットリアが爆撃に巻き込まれ、意識不明の重体、命が危ないという、フアドからの悲しい知らせでした。
アッティリオはすぐさま、バクダッド行きを決意しますが、もちろんバクダッドの空港は閉鎖中。
医師になりすましたアッティリオは、赤十字のトラックに乗りこみ、どうにかバクダッドに入ります。
そして、薬も何もなく、ただ寝かせておく他打つ手もない病院で、アッティリオはあきらめずに東西奔走。
自ら薬を調合するなど、必死で看病を続けます。

そのかいあって、意識を取り戻したヴィットリア。
しかし時同じくして、アッティリオはゲリラ兵と間違えられ、アメリカ軍に捕まってしまう。
結局ふたりはすれ違ったまま、別々にローマに戻ってきます。
そして……

原題は『虎と雪』。これはアッティリオを一躍有名にした、彼の詩集のタイトルです。
ヴィットリアは、アッティリオのプロポーズを、このシュールなタイトルを用いて皮肉たっぷりに断ったというわけですが、このタイトルにはもうひとつ伏線があります。

ローマにふたりがそれぞれ戻ってきてからのこと。
サーカスの動物たちが檻から逃げ出してしまうという事件が起こります。
町を車で行くヴィットリアの前に現れたのは、一頭の虎。
折しも季節は春で、町中ポプラの綿毛がふわふわと舞っています。
まさしくそれは「雪が降る中、突如現れた一頭の虎」といった風景。
ヴィットリアの心に浮かんだのは、きっとアッティリオのプロポーズだったに違いありません。

邦題は『人生は、奇跡の詩』だそうです。
けれども『虎と雪』は大切なキーワード。
タイトルは『虎と雪』のままで良かったのでは? 
確かに劇中、奇跡の連続なんですけど。

綿毛はイタリアの春の風物詩です。
この綿毛が舞うシーンは、フェリーニの『アマルコルド』を彷彿とさせます。
きっと、ベニーニのフェリーニに対するオマージュなんじゃないかな、と思いました。
ちなみにアッティリオという名前は、イタリアの有名な詩人、アッティリオ・ベルトルッチへのオマージュだそうです。

Sai perché ci sono le guerre? Perché il mondo è iniziato senza l'uomo , e senza l'uomo finirà.
(どうして戦争がなくならないかわかるかい? 地球の歴史は人間のいないところで始まった。そして人間がいなくなって終わるんだ)
というフアドの台詞があります。
人間は自ら地球の終焉に向かっているんだ、ともとれるような台詞! 
表向きには、反戦を大きく打ち出しているわけではありませんが、不条理な戦争に振り回されているイラク市民の姿とか、ただ消えていく命を見守るしかない医師の悲痛な思いとか、そんなものが随所に見え隠れします。

そのせいかどうかはわかりませんが、この映画、アメリカでは大不評だったらしいです。
「2006年、ワーストワン」(サン・フランシスコ クロニクル)
「ベニーニは戦争の無意味さ、愛の力、楽天主義の強さを描きたかったのだろうが、かつて彼が人を惹き付けた力は、既に賞味期限切れだ」(デイリーニュース)
「イタリア人、イラク人、そして世界中の映画人を、ひどく辱めした一本」(ニューヨーク タイムズ)
「自分に甘く鼻持ちならない主人公。恥ずかしいほどくだらない映画のためにフィルムを消費したものだ」(ロサンジェルス タイムズ)

散々な言われ方です!
ここまでひどいとは思いませんが、『ライフ・イズ・ビューティフル』の成功が頭から離れなかったんだろうなあ、という感想は確かに拭えません。
ただベニーニならではのユーモアは、やっぱり他の誰にも真似できない!
次は別のテーマで、抱腹絶倒させてもらいたいなあ。
[PR]
by arinko-s | 2011-08-25 15:20 | 映画 イタリア
<< Antonio Albanes... Il discorso di ... >>