ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

Zucchine Siciliane シチリアのズッキーニ

b0171200_13312913.jpg

知人が、畑で採れたズッキーニを送ってくださいました。
その名もZucchine Siciliane。シチリアのズッキーニです。
今や日本でも、ズッキーニは容易に手に入るようになりましたが、もちろんそれとは品種が違う。
ミラノでもフィレンツェでも、こんなズッキーニに出会ったことはありません。

話がそれますが、イタリア人はとても保守的です。
とりわけ食に関しては、超がつくくらい保守的。
自分たちの料理が世界で一番美味しいと信じて疑わない人たち、それがイタリア人だといっても過言ではありません。
食材に関しても同じです。
よその町の特産物を、わざわざ食べようなんてことはしません。

以前、ローマに住んでいた友人が「プンタレッラ」という野菜の美味しさに感動して、「ぜひ食べて」と勧めてくれたことがあります。
でも、これがミラノではどこに行っても売っていない!
友人に聞いても、誰もその野菜の存在すら知りませんでした。

日本でも、京野菜、加賀野菜と、その地方特有の野菜がありますね。
それと同じことかもしれません。その土地に行かないと食べられない野菜がけっこうあるんです。
でも、イタリアでは誰もそれをブランド化したりしないし、それを手に入れるためにあえて高いお金を払って取り寄せる人もいないんですねぇ。
地産地消が、日本より徹底している気がします。

というわけで、初対面したシチリアのズッキーニ。
ローマ、フィレンツェ、ミラノを通り越して、晴れて日本の我が食卓へ。
でも、どうやって食べるんだろう? とシチリア料理を紹介しているサイトへ行ってみました。
ありました、ありました、この細長くてくねくねしたズッキーニ。
さっそく、Cuciniamo(お料理しましょう)!

(材料)
じゃがいも 小さめの3個
シチリアのズッキーニ 1本
たまねぎ 小さめの1個
バジルの葉 たくさん
にんにく ひとかけ
固形スープ 1個
白ワイン少々

(作り方)
1)じゃがいも、ズッキーニを適当な大きさに切る。玉ねぎ、にんにくは薄切りにする。
2)フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくを入れ香りが出るまで炒める。
3)2)に玉ねぎを加え、しんなりするまで炒め、さらにじゃがいもを加える。
4)じゃがいもの表面に焦げ目がつくくらいまで炒めたら(4〜5分)、ズッキーニと白ワイン少々を加え、ワインのアルコール分を飛ばす。
5)さらに水を加え(ひたひたより少なめ)、固形スープを崩しながら入れる。
6)水気がなくなるまで煮込み、じゃがいも、ズッキーニに火が通ったら、バジルを手でちぎりながら投入。塩・こしょうで味を整えて完成。

b0171200_13503718.jpg

シチリアのズッキーニは、切ってみると、中が一般的なものよりもふわふわ。
これは、確かにスープを吸わせたら美味しいかも、と思いチャレンジ(大げさ)したところ、ずばりその通り!
バジルの香り(バジルの季節も終わりに近づいていますね)も良くて、ぺろっと食べてしまいました。
見た目は地味ですが、Buonissimo! です。
もちろん、一般的なズッキーニでもいけると思います。
ちなみに、にんにくはわたしが好きなので勝手に加えました。
レシピでは、ペペロンチーニをお好みで、となっていたので、それもいいかも。

次は、このズッキーニを使ったケーク・サレを作ってみようと思います。
[PR]
by arinko-s | 2011-09-16 18:03 | 本日のイタリア語
<< RESPIRO 呼吸 Si può fare 人生... >>