ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

Te la caverai nella crisi? きみはこの経済危機を乗りこえられるか? 

イタリア国債が、3段階格下げされたというニュースが大きく取りあげられた今日。
『L'Espresso』8月25日号に、それを予想していたかのような上記タイトルの記事が載っていました。

その内容は、というと…
この経済危機を目の前にして、あなたは楽観主義? それとも悲観主義? 危機が過ぎ去るのを待ってみる? それとも救えるものは今救う? 文句を言ってみる? それとも、気にしない?
ということで、それを試す14の質問があります。
その答えに対する得点を合計して、あなたの楽観度を調べちゃいましょう、というもの。

肝心の質問は、例えば…
1.この(おそらく、ざわつくウォール街の証券取引所)写真を見て、どんな気持ちが沸いてきますか?
a 警戒心  b 好奇心  c 不安  d 期待
(得点はそれぞれ、3 2 4 1)

2.ユーロはあなたをどう変えた?
  a より貧しく  b より確かに  c より国際的に  d より不安定に
(得点はそれぞれ、4 1 2 3)

3.経済とは?
a 幸せになるための科学  b 数字の知識  c 父親の知恵(経済通は尊敬される父親の条件?)  d 泥棒の狡猾さ(経済を知っていれば税金対策になる?)
(得点はそれぞれ、1 3 2 4)

4.現代版ロビン・フッドは、貧しい人を救うために誰から(富を)奪う?
a 銀行から  b 政治家から  c 経営者から  d ヴァチカンから
(得点はそれぞれ、3 1 2 4)

5.リーマン・ブラザーズの倒産によって職を失ったニューヨークの女性会社員。これから○○をするしかない
a 主婦  b コンパニオンガール(道に立たない娼婦)  c 浮浪者  d 小さな会社の起業家
(得点はそれぞれ、2 3 4 1)

6.イタリアについて、今もまだ誇れることは?
a スポーツ分野の数々の勝利  b 数多くある永遠の遺産  c 唯一無二の料理  d 危機を乗り越える能力
(得点はそれぞれ、2 3 4 1)

と続きます。例えば1の質問。ざわつく写真を見て「期待を抱くあなたはかなり楽観的」ということ。
逆に「不安を覚えるようなあなたは、かなり悲観的」ということでしょう。
そして各設問の合計得点により、無責任・楽天家・自信家・運命論者・疑り深い人・心配性・悲観主義者・さらなる悲観論者、の8種類に分類されていました。

どの答えを選択すると、楽観的と取られるか、悲観的と取られるか、想像がつくというもの。でも中には予想を覆す設問がありました。
4番もそうですね。「政治家でしょう、そりゃ」って、ベルルスコーニをイメージしながら答えましたが、これが楽天的な答え。ありそうもないヴァチカンこそ、楽観的な気がするんだけどな。 

それからこんな質問も。
ある日やってきて、わたしたちを救ってくれるのは……
a 独裁者  b 予言者  c 科学者   d 優秀な会計士

こんなの予言者を選ぶ人が楽観的なんでしょ、と思いきや、a の独裁者が得点4、b は得点3、c の科学者が得点1、d の会計士が得点2!
つまり、科学者や会計士にこの危機を救ってもらおうなんて甘い! 独裁者や予言者が現れなければ……、ってことでしょうか。
独裁者とか予言者とかって非現実的で、そんなものに期待するなんて、と思ってしまいましたが…。設問の真意に宗教観なんかも入っているのかもしれません。

少し前のことになりますが「この経済危機にもへこたれない、楽観主義のイタリア人」というくくりで、企画を考えてみて、と言われたことがあります。
でも、雑誌や新聞のバックナンバーをいくらたどっても、楽観的な記事なんかひとつも出てきませんでした。
それどころか、むしろ悲観的。
「スイス領にしてほしい、と望む北イタリアの住人が急増中」とか、
「大学卒業したら海外へ、と望む大学生が急増中」とか。
イタリアという国に未来を託しても……っていう人がけっこう多い気がしました。

そこで、イタリア語の恩師であるロンゴ先生に聞いてみると
「イタリア人が楽観主義者だなんて、勝手な思い込みだよ」とのこと。シチリア出身の彼に言わせると、少なくともシチリアーノは悲観的、ということでした。
イタリア人は底抜けに明るい楽天家、っていうステレオタイプのイメージはどこから来たのだ?
さんさんと輝く太陽と青く煌めく海のイメージが、イコールイタリア人のイメージになってるのかも。

とにもかくにも、この国債格下げが、さらなる悲観主義をもたらしませんように。
もちろん、国債格下げ先輩格の日本のこと、日本人のわたしも悲観的にならずに、この危機を乗り越えなくちゃですねぇ。
[PR]
by arinko-s | 2011-10-05 19:53 | 本日のイタリア語
<< ローマのデモ RESPIRO 呼吸 >>