ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

アメリカ流パスタの茹で方

アメリカの料理研究家、Harold MacGee氏は、エール大学を始め、幾つもの有名大学で食物の歴史や食物化学を教える先生でもあります。
その先生が! こんなおかしなパスタの茹で方を!! 
と、10月30日付けの『La Repubblica』ネット版に、驚きの声をあげた動画が載っていました。
時間も水もエネルギーも節約できると自信満々の先生に対し、「ブルータス、おまえもか」ならぬ、「ハロルド先生、あなたもか」って感じです。

でも今やパスタは世界各国で愛されている食材。
ノルウェー人のアニカも、いつも水の中にパスタを突っ込んでいたし、ギリシャ人のジョルジャはお湯が沸くと、パスタと一緒にお湯の中にバターを落としていました。
日本にはこんな道具も。
b0171200_2010527.jpg

レンジでチンしてパスタ〜〜〜?? ってイタリア人なら卒倒しちゃうかも。

でもこれもそれも、各国それぞれの調理方法でパスタを愛している証拠ですよね。
[PR]
by arinko-s | 2011-10-31 17:20 | 本日のイタリア語
<< Giottoが隠した悪魔 avere sette vit... >>