ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

Sognando AUSTRARIA 愛しのオーストラリア

わたしの話ではありません。
イタリア人の話。

L'Espresso誌の記事によると……

イタリアの将来を憂う若者たちが、次から次へと海外へと移住してしまっている、というはたびたび耳にしてきましたが、その行き先は、今やオーストラリアがダントツなんだそうです。
2010年にも5万人以上の若者がオーストラリアへ移住し、2011年にはさらにそれを上回る数、恐らく6万人を超える若者がオーストラリアに移住したのではないか、という話。
戦後アメリカ大陸に多くのイタリア人が移民したように、今、オーストラリアを目指す若者たちが止まらない、という話なんです。

なぜオーストラリアか? 
ひとつには「ワーキングホリデー」のビザならば、一般のビザよりも容易に取得できるから、ということのようです。
次に、英語も身に付く、ということ。
そして、政治の安定、治安の良さ。
それから、仕事が簡単に見つかるという噂、などなどが挙げられていました。
今やイタリア人にとって、オーストラリアは人生を変えるための新天地、Nuova America 新アメリカなのだそうです。

もちろん、記事の中、そんなに甘いものじゃなかった、というがっかり組の談も載っています。
仕事だってそう甘くないし、ビザの延長だって簡単じゃない。
そりゃそうですよね、そんな夢みたいな国、今どきあるわけない(いや、あるのかもしれませんが)。
そして「イタリア人が多すぎて……みんな一緒に家を探して、イタリア語で生活して、イタリアの習慣をそのまま守り続けて……」という反省の弁も(これって別にイタリア人に限ったことではないと思いますが)。

新天地を求める人だけでなく、高校生の短期留学先も、新婚カップルの旅行先も、オーストラリアが人気ナンバーワン!
ああ、そういえば……
年末にさんまさんがイタリアで会ったミスイタリアの女の子も、
「オーストラリアに行ってみたい、親戚もたくさんいるし」って話していたっけ(『笑ってコラえて』)。
あれを見た時にへ〜〜、オーストラリアねぇ、なんて聞き流していましたが、こういうことだったんだ、って納得しました。

この記事を読んで、なんだか片思いしている相手に振られた気分。
ああ、そんなに好きなのね、って感じです。
なんか淋しい。
(L'Espresso 2011年12月21日号より)
[PR]
by arinko-s | 2012-01-26 20:53 | 本日のイタリア語
<< LE QUATTRO VOLT... mettere la cili... >>