ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

Benvenuti al Sud  南イタリアへようこそ!

b0171200_155033.jpg


ミラノ北部の小さな街で、郵便局長を務めるアルベルト。
奥さんの強い要望に応え、ミラノの郵便局へ転勤願いを出しています。
けれども願いは叶わず……
最後の手段と、障害者枠でポストを得ようとしますが、嘘がばれ……
その結果、カンパーニャ州、サレルノ近郊の小さな街へ左遷されてしまいました。

北の人間にとって、南で暮らすことは悪夢!
毎日暑く、道はゴミであふれ、カモッラ(ナポリマフィア)がうようよしている危険な場所です。
奥さんはもちろん、同行することを拒否。
アルベルトは単身赴任することになります。

出発の朝、アルベルトは、防弾チョッキを着て出発。
なんたってどこでカモッラと出くわし、撃たれるかしれません。
もちろん指輪や時計の貴金属類は、置いていくことにしました。

気乗りしない長旅です。高速道路をのろのろ走るアルベルト。
交通渋滞の原因を作ったとして、路肩に入るよう警察官に指示されてしまいます。
けれども「南に転勤することになって……」と聞いたその婦警さんは、「コソボ行きを命じられた、軍にいる弟を思いだす」と涙をこぼしながら、アルベルトを見逃すことにしました。

夜もとっぷり更けたころ、ようやく目的地に到着したアルベルト。
おまけにいつから降り出したのか、土砂降りの雨。
前任者の暮らしていた家には、なにひとつ家具がなく、その夜は部下となるマッティアの自宅に泊めてもらうことになりました。
けれども、まったく安心できません。
泥棒に入られるかもしれないし、襲われる可能性も捨てきれない。
不安の一夜を過ごします。

そして新しい職場での初日。
アルベルトは、南の人たちの労働ペースにイライラしっぱなし。
けれども、同僚も街の人たちも、皆とても温かく……
気づいてみれば、アルベルトはすっかりこの小さな街での暮らしが気に入っていました。

* * * * *
2010年に大ヒットした映画です。
監督はLuca Miniero(ルーカ・ミ二エーロ)。
フランス映画『Bienvenue chez les Ch'tis』のリメイク版だそうです。 
アルベルトを演じているのは、Si può fareのクラウディオ・ビーショです。

いやあ、もう最初から最後まで大爆笑でした!
そういえば、ナポリに旅行するとミラノの友人たちに伝えた時、みんな本気で心配してくれて、どれほど恐怖心を煽られたことか。
「時計なんかしていっちゃだめ」って、言われました、わたしも!
それから、「お財布を持って出歩いてはいけない」、「ホテルのセーフティボックスに貴重品を預けてはいけない」、「地下鉄にひとりで乗ってはいけない」などなど。

でも、ひとりで地下鉄にも乗っちゃいました。
昼間だというのに、切符売り場で少年(本当に小さな子)がタバコを加えたまま手を出してきて(金くれのしぐさ)、ひえ〜〜〜、って震えあがったけど。

でも、この映画を観て、やっぱり次に暮らす時は(そんなことがあればの話ですが)、やっぱり南だ! って思いました。
ナポリはさすがに勇気ないけれど、この映画の舞台になったCASTELLABATE(カステッラバーテ)のような小さな街だったら、大丈夫。
5億円当たったら、即刻南に向かうんだけどなあ〜〜〜。

今年に入り、同じくアルベルトとマッティア(Alessandro Siani アレッサンドロ・シャーニ)のコンビで『Benbenuti al Nord 北イタリアへようこそ』という逆バージョンが公開されています。
早く観たい! 
今度はどんな偏見で笑わせてくれるのかな。楽しみです。
b0171200_1723112.jpg

[PR]
by arinko-s | 2012-02-20 17:08 | 映画 イタリア
<< Roma, Boom dell... SALÒ ソドムの市 ② >>