ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

VINCEREの続き

先日観た『VINCERE』について、ひとつ書き忘れました。

VINCEREという単語は、日伊辞典を引くと「勝利する、優れている、(賞金などを)もらう、克服する」となっています。
なぜ、この映画のタイトルが『VINCERE』なのか、ずっと引っかかっていました。

イーダが勝利したかというと、まったくそうではありません。
精神病院に閉じこめられて、ムッソリーニの妻は自分だという主張は認められなかったのですから。

もちろんムッソリーニも、勝利していません。
戦争に負けた上に、自国民に吊るし上げられるという敗北。

邦題は『愛に勝利を』として「ムッソリーニを愛した女」という副題をつけています。
でも、このタイトルも考えれば考えるほど、良くわからなくなってきます。
これだと勝利を求めたのは、イーダだけのように思えます。
そもそも愛に勝利があるのか、って気もするし……。

それに勝利したくて、突き進んだのはムッソリーニのほうじゃないかなあ、と思うのです。
どうしても VINCERE という単語はムッソリーニへの言葉のような気がしてしまう。
「勝つために」は、人を傷つけることも厭わなかった、という意味なのかな、と思ったりしました。

そこで、伊伊事典。
すると、vincereには、ものすごくたくさんの同意語があることがわかりました。
ほれさせる、追い払う、孤立させる、引き離す、踏みにじる、監視する、侮辱する、殺す……と。

これってつまり、ムッソリーニがイーダにしたことすべてです。
やっぱりこのタイトルは、ムッソリーニに向けたもの、だと確信。
[PR]
by arinko-s | 2012-04-26 17:26 | 映画 イタリア
<< Scialla! (Stai ... VINCERE 愛の勝利を ム... >>