ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

DIVORZIO ALL'ITALIANA          イタリア式離婚狂想曲

b0171200_173431.jpg

1961年、ピエトロ・ジェルミ監督の作品です。

シチリアの没落貴族フェルディナンド、通称フェフェ(マルチェッロ・マストロヤンニ)と、妻のロザリアは、結婚して12年になる夫婦。
フェフェは、「ねえ、どのくらいわたしのこと愛してる?」と毎晩のようにしつこく迫ってくるロザリアにうんざりしています。

実は、フェフェは、従姉のアンジェラに恋をしています。
フェフェは37歳のおじさん。アンジェラはカターニャの高校に通う17歳の少女です。

当時のイタリアは離婚が認められていませんでした。
けれども、このうっとうしい妻と、どうにかして離れたいフェフェ。
しまいには、ロザリアを殺してしまう自分を妄想し始めます。
何より、夏休みで帰省しているアンジェラのことが、寝ても覚めても頭から離れなくなってしまうのです。

そんなとき、フェフェはあることを知りました。
不貞を働いた婚姻相手を殺害しても、「名誉の殺害」として、その刑罰が軽くなるというのです。
そこでフェフェは、どうにかロザリアに浮気をさせようと企みます。
そして、フェフェの思惑通り、ロザリアはかつての恋人と家を出て行き……

というお話です。
20も下の従姉にうつつを抜かすおじさんて、どうよ? って思ってしまいますが、このアンジェラを演じているステファニア・サンドレッリのかわいいこと、かわいいこと!
今やベテランの大女優で、あっちこっちで目にします。
年をとった今もかわいくて、とりわけ『La prima cosa bella』は良かったです。

そのサンドレッリのデビュー作!
奥さんのロザリアは、口ひげはやしていたりして……う〜ん、隣の家にこんなにかわいい従姉がいたら、そりゃ隣に寝ている妻と見比べて現実逃避したくなっちゃうかもね。

結局フェフェは念願かなって、愛しのアンジェラと再婚。
人生これからだ、なんてうっとりしているのですが、そのアンジェラは、早くも他の男性を誘惑しているような思わせぶりのシーンで、映画は終わります。
またもや「名誉の殺害」を、フェフェが犯さずにすむことを願います。

ちなみにこの映画は、1963年のアカデミー賞で最優秀オリジナル脚本賞、1962年のカンヌ映画祭で最優秀コメディ賞など、数多くの賞を受賞しています。
b0171200_20564670.jpg

       初々しいサンドレッリ! かわいいです。
[PR]
by arinko-s | 2012-07-24 21:03 | 映画 イタリア
<< Pranzo di Ferra... Siamo in ballo!... >>