ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

カテゴリ:本日のイタリア語( 80 )

Le lacrime di Moro  モーロの涙

1978年3月16日に、テロ組織赤い旅団に誘拐され、同年5月9日に遺体で発見された、イタリアの元首相アルド・モーロ。
彼が監禁されていた55日の間に書いた11通の手紙が公表されました。
90枚以上あるA4用紙に書かれた手紙が、研究機関により修復され、その一部がLa Repubblica紙に渡されたということです。
研究機関がこの手紙を改めて調査したところ、涙で濡れた跡を確認したとのこと。
それを聞くだけで、うるうるしてきちゃいました。

ただでさえイタリア人の書く文字は苦手なのですが、その上、不安定な精神状態で書かれたと思われる文字はなかなか判読できません。
でも、ところどころはっきり読みとれる箇所もあり、苦境に立たされたモーロの悲しみとか、切迫感とかが伝わってきます。

so bene che ormai il problema, nelle sue massime componenti, è nelle tue mani
今やこの問題の行く末は、その大部分が、きみの手中にあることはわかっている
(当時のアンドレオッティ首相に)

si trattava di minacce serie ,temibili
これは本気の、恐ろしい脅迫だ
(自身の所属するキリスト教民主主義党に)

un'equa trattativa umanitaria, che consente di procedere ad uno scambio di prigionieri politici ed a me di tornare in seno alla famiglia cha grave ed urgente bisogno di me
公正な人道主義の交渉、それは政治犯の釈放に着手することに同意し、わたしを大いに、かつ早急に必要としている家族の元に、わたしを健康な状態で返すこと……
(上院議長に)

36枚もあるこの手紙をめくっていくと、確かにところどころ文字がにじんでいます。
日付が入っていないのは、きっとあまりにも長いこと監禁されていて、何月何日なのかわからなくなっていたのではないかな、と思ったりして、そのことにも切なくなります。

この事件を描いた映画『夜よ、こんにちは』を、もう一度観たくなりました。
時間のある時、ゆっくりとモーロの手紙も解読してみます。

La Repubblica 1月12日付け ネット版より
[PR]
by arinko-s | 2012-01-13 21:23 | 本日のイタリア語

Donne al volante 女性が運転すると……

今日、仕事中にこれみてゲラゲラ。
あいかわらず埋め込みがうまくいかないので、こちらから。

最後の方に出てくるガソリンスタンドの女性が、一番すごいかも。
運転できないわたしは、人ごとで大笑いしちゃうけど、じっさいハンドル握ることがあったら笑っていられないかも。

CORRIERE DELLA SERA 1月11日 ネット版より
[PR]
by arinko-s | 2012-01-12 21:31 | 本日のイタリア語

La Madonnina svela i suoi segreti マドンニーナの秘密が明かされる!

マドンニーナといえば、ミラノのシンボル。ミラノのドゥオーモの一番高いところで輝く聖母マリア像のことです。
b0171200_2115974.jpg

そのマドンニーナが、修復のため尖塔からはずされ、地上へ降ろされたそうです。
そして今日から6月14日まで一般公開されるそう。

わたし自身、いつもあそこにマドンニーナが輝いていることは知っていましたが、近くで見たことはもちろん一度もありません。
ミラノのドゥーモの屋上には上れますが、たとえ屋上へ上ってもマドンニーナにはまだまだ遠い!
マドンニーナは高い高い場所から、ミラノの街を見守り続けているのです(写真で確認すると、街を見おろすというより天を仰いでいますが…)。

近くで見たことがないばかりか、その歴史についてもろくすっぽ知らないことに、この記事を読んで思いいたりました。

マドンニーナのオリジナルの木像(現存するのは胸部のみ)が作られたのは1769年。
Giuseppe Antignati(ジュゼッペ・アンティニャーティ)氏の手によるそうです。
このクルミ材の像に33枚の金メッキを施した銅板が貼られ、尖塔に載せらたのが1774年12月。
マドンニーナの持つ(厳密にいえば持ってはいませんが)ほこやりは避雷針の役目を兼ね、1967年の大嵐では、見事このほこやりを稲妻が突き抜けたそうです。

そして60年代終わり、形はそのままに、ステンレススチールで像が作り直されました。
その際、6,750枚の金箔をかぶせた銅板が、この像に貼り直されたそうです。
つまり今わたしたちが目にしているのは、この時に作られたものなのですね。
まったく知りませんでした。

展覧会には、オリジナルの木像、稲妻貫通の穴の開いたほこやり、鉄製とステンレス製の像が展示されるそうです。

なんともイタリアらしいのは、実はこの修復費用、未だに予算の3割程度しかめどが立っていないのだそうです。
「誰にとっても厳しい時期だということは重々承知していますが、きっと修復費用を集められると信じております」とは、公的、私的寄付金集めに奔走しているドゥオーモ財産管理委員会会長の言葉。
もちろん展覧会の入場料は修復費用に充てられるそうです。
今から6月までにミラノへ行く方、ぜひ展覧会を見て、修復費用にご協力を!
あ〜、わたしもマドンニーナに会いたい!
(『La corriera della sera』12月14日付け ネット版より)
[PR]
by arinko-s | 2011-12-14 21:16 | 本日のイタリア語

È stato trovato Mike!  マイクが見つかった!

今年一月、イタリアの故名司会者マイク・ボンジョルノの遺体が盗まれるという、ショッキングな事件がありました。
その彼の遺体が、ミラノ郊外の教会近くで見つかったそうです!
おまけに犯人と思われる人物2人も逮捕されたとのこと。
良かった、良かった。
カモッラのボスが逮捕された事件よりも、なんだかこっちのニュースの方が嬉しかったりして。
どっちも遠い世界の話なんですけどね。

Twitterでは、このニュースをツイートする著名人やそれをリツイートする人たちで大にぎわいだそうです。
[PR]
by arinko-s | 2011-12-09 21:13 | 本日のイタリア語

バレリーナの争いは舞台に留まらず

週末、『ブラック・スワン』を観ました。
怖かったです。
特に、肩甲骨のあたりから黒い羽毛が生えてくるシーン。
うぎゃ、って叫びそうになりました。
いやあ、頂点に立とうとする人たちの熾烈な争いと、いざその舞台に立てることになった時のプレッシャーたるや、想像以上なんでしょうね、きっと。
もちろんバレエの世界だけではないと思いますが、並大抵の精神力では勝ち残れないのだと、改めて痛感した次第。
ナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技に圧倒されました。

と思ったら、『Corriere della Sera』ネット版(12月4日付け)に、ミラノ・スカラ座のバレリーナの記事が載っていました。
スカラ座バレー団に16歳の時に入団、現在33歳のマリアフランチェスカ・ガッリターノさんの告白による記事です(いわゆる内部告発)。

彼女の証言によれば、スカラ座バレー団のバレリーナ5人にひとりが、拒食症に苦しんでいるのだとか。
その原因は過度のダイエット。朝食はエスプレッソとビスコッティ2枚、昼食は低脂肪ヨーグルトひとカップ、夜ごはんはリンゴ一個あるいはバナナ一本。
たったそれだけ! 離乳食なみの量です。
そんな食事をし続けている結果、10人のうち7人は、生理が止まってしまう! 
そればかりか、子どものできない体になって悩んでいる人も多いのだと話しています。
実力を競い合うだけでなく、毎日の食事量も競争のタネになってしまっていると嘆いているのです。
確かに痩せていなくては、持ち上げてもらえなさそうだけれど、それしか食べないとなると踊るエネルギーはどこから得るのだか。

このマリアフランチェスカさんは、海外の舞台では幾度も主役級の役を演じ、国際的な賞も数多く受賞しているそうです。
けれども、未だにスカラ座の舞台からはお呼びが来ない。
「海外ならば2〜3度、重要な役を演じれば、主役級クラスとして扱われるのに、イタリアでは違います。イタリアのバレエ界が実力主義ではないからです。皆、自分の仕事を失うことが怖くて、この状況に反旗を翻すことができないのです」と語っています。

イタリアのバレエ界は『ブラック・スワン』の世界よりも、さらに過酷?
努力が報われるのは、コネがあってこそ、の世界なのかもしれません。

それはそうと、『ブラック・スワン』でフランス人監督トマスを演じていたヴァンサン・カッセル。どこかで見たことある人だなあ、と思いつつ鑑賞しましたが、イタリアの大人気女優、モニカ・ベルッチの旦那さんでした!
昨年にはふたりめの娘も生まれているそうです。
b0171200_15472336.jpg

[PR]
by arinko-s | 2011-12-05 20:13 | 本日のイタリア語

その食べ物伝説は本当?

『L'Espresso』誌、10月27日号に、食べ物に関してまことしやかにささやかれている噂は本当か、検証する記事が載っていました。

例えば「食後のフルーツは太る。体に悪い」といった噂について、「全くの嘘」と反論。
その理由は
1.フルーツに含まれる酸が,野菜の鉄分吸収を容易にする
2.食物の酸化を防ぎながら,消化を助ける
3.繊維と水分が豊富なフルーツは消化しやすい
4.食事が終了したということを、フルーツの酸っぱさが脳に知らせる
5.リンゴや洋梨のつぶつぶは、歯の掃除に役立つ
ただし、「カロリー過多の食事をした後でフルーツを食べると、フルーツに含まれる糖分と繊維が消化に影響するのでご注意」という注釈を、「食物と栄養摂取についての国立研究所」研究員のAndrea Chiselli(アンドレア・ギセッリ)氏が加えています。

この5つの根拠のうち、5番めは??ってびっくり。 日本でもそんなこと言われているかなあ?
初めて知りました。
でもそれよりもっと驚いちゃう噂もありました。
こんな噂があること自体びっくり、っていうものも。いくつか挙げてみると……

にんじんは,日焼けを促進する(いかにも日焼けしたいイタリア人のいいそうなこと)。
え〜〜〜、そうなの? と思ったら……
やっぱりこれも嘘。ベータカロチンがメラニンに作用することは無く、むしろUV効果があるので日焼け止めに良い、と。なるほど。

赤ワインは血に良い
日本でも、赤ワインのポリフェノールには血液サラサラ効果があるとされていますね。
でもこの記事によれば……
赤ワインの特性は数多くあれど、鉄分は含まれないので、血液の状態を良くすることはない、と。
血の色と似ているから、そんなことが言われるようになったのではないか,と書かれています。
まあ、ポリフェノールのことには触れていないので、日本で言われていることはそれなりに根拠があると信じます。

パイナップルとグレープフルーツは脂肪を燃やす
う〜ん、日本で聞いたことありません。
案の定「根拠無し」とのこと。
「パイナップルの芯には,その効果もありますが、一般的に芯を食べることはありませんから」という話。
これからは、芯を食べる人が出てきちゃうかも。

一番驚いたのは
ビールはおっぱいを出すのに良い
たくさんビールを飲むことを勧められる授乳中の母親もいる、と。
日本では、授乳中のアルコール接種は良くないとされていますよね。
もちろん答えは、「ビールが他の飲み物よりおっぱいに良いという根拠はなにも無い」ということ。
むしろ「ホップの苦みがおっぱいに出てきますよ」ということでした。
ひょっとして、赤ちゃんの時からおっぱい通してアルコール接種しているせいで、イタリア人はアルコールに強いのか??

所変わればうわさ話も色々。
結局、バランス良い食事が健康には一番、ということですね。
[PR]
by arinko-s | 2011-12-01 19:01 | 本日のイタリア語

ローマ法王とイスラム教の指導者がキス?

b0171200_1822532.jpg

トスカーニ氏の強烈な広告で、ベネトンが世界中をにぎわせたのは1980年代の終わりから90年代半ばくらい。
最近、話題にのぼることも少なくなっていたように思いますが、今年のベネトンの広告は久しぶりに議論を呼びそう。

UNHATE 反憎悪をテーマに様々なリーダーたちのキス写真を合成!
上の写真は、ローマ法王ベネディクト16世とイスラム教の指導者アフマド・アル・タイーブ氏のキスシーン。
もちろんというべきか、ローマ法王庁は猛烈な抗議。ローマのサンタンジェロ橋にかけられた大きな垂れ幕広告はすぐさま撤去され、ベネトンは謝罪声明を発表したそうです。

他には
b0171200_18165538.jpg

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とパレスチナ自治政府のアフマード・アッバス議長
b0171200_18172182.jpg

北朝鮮の金正日総書記と韓国のイ・ミョンバク大統領
b0171200_18174518.jpg

アメリカのオバマ大統領とベネズエラのチャベス大統領

オバマ大統領は、別バージョンで中国の胡錦濤国家主席ともキスしていました。
あとフランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相も。
ちなみに就任したばかりのイタリアのモンティ新首相は間に合わず。
ベルルスコーニ前首相がメルケル首相とキスしていたらしいですが、そちらはお蔵入りしたそうです。

悲しいかな、野田首相はまたもや蚊帳の外。いや、反目する国がないと思われているということ?
八方美人と思われていると悲しむべきか、それとも素直に喜ぶべきか??
単純に影が薄いだけかもね。

それにしても、すごいインパクト。ローマ法王でなくとも、写真に使われたご本人たちが抗議すること必至です。
すべて撤去される日は近いかも。
ローマの撤去シーンはこちらから。
(11月17日付け『Corriere della Sera』ネット版より)
[PR]
by arinko-s | 2011-11-17 18:38 | 本日のイタリア語

Finalmente ……ma…… ついに……でも……

「財政再建法案成立後に退陣する」と表明したベルルスコーニ首相。明日にも下院で同案が可決され、早ければ同日中にベルルスコーニは辞任するかもしれないそうです。
もちろん、各紙ともそのニュースでもちきりです。
中にはベルルスコーニをおちょくった諷刺画や動画もたくさん。これは日本と大きな違いかも。

様々なサイトに載った画像を集めた頁が『La Repubblica』ネット版にありました。
例えば、こんなの。
b0171200_1751149.jpg

DURO A DIMETTERSI は ダイ・ハードのもじり。なかなか辞任しない男、ってところです。
それからこんなの。
b0171200_17533131.jpg

お馴染み、ピノッキオ。ベルルスコーニも嘘をつきすぎて鼻が伸びちゃったんですね。
一番笑っちゃったのはこれ。
b0171200_17552632.jpg

長靴に例えられるイタリアですが、そのイタリアに蹴られているのはベルルスコーニ。
カルチョ(サッカー)の国だしね。それにしても、またまたズボン履いていない!

さぞかしみんな喜んでいるのかなあ、と思いきや。
実はそうでもないとわかりました。
恩師のロンゴ先生は「次の政府はさらに悪くなる、と確信している」そうです。
代わりがいないから、こんなに長く続いたとも言われるベルルスコーニ政権。
あ〜〜、まさに日本と同じですね。
[PR]
by arinko-s | 2011-11-10 18:03 | 本日のイタリア語

いよいよ退陣?

IMFと欧州中央銀行に、財政再建状況を監視されることになったイタリアですが、イギリスの新聞にこんな風刺画が!
b0171200_1443091.jpg

あんまり似てないけど、ベルルスコーニ首相がズボンを下ろし苦笑い。
彼のセックススキャンダルを皮肉って
「危機だって? 僕も性欲減退の危機だよ」って揶揄しているのだとか。
(11月7日付け『La Reppublica』ネット版)

各紙、これまでにないほど深刻な表情のベルルスコーニ首相の写真を掲載していますが、
b0171200_1419242.jpg

(写真は11月8日付け『La Repubblica』ネット版)
でも先日フランス・カンヌで行われたG20でベルルスコーニ首相は、オバマ大統領に次いで高い部屋、およそ3万ユーロの部屋に宿泊したのだとか。
そりゃあ、国民からしたら「おいおい! 今、そんな部屋に泊まれる状況?」ですよね。

ちなみにオバマ大統領は3万4千ユーロの部屋、サルコジ大統領は3万7千ユーロの部屋に泊まったのだとか。
一番拍手されるべきリーダーは、イギリスのキャメロン首相。彼の宿泊先は、2千ユーロの部屋だったそうです(これだって結構すごい額!)。

この事実を暴いたイギリスのタブロイド紙『The Sun』は「世界が経済危機に瀕しているというのに、首脳たちは滞在費に100万ユーロ以上を使うことが許されるのか?」と提言。
日本の野田首相に関しては明記されていませんでしたが(相変わらず影の薄い日本の首相!)、どうなんでしょう。
まさかまさかとは思いますが、万が一こんなホテルに泊まりながらの、消費税引き上げ宣言はないと信じたい。
(11月5日付け『Corriere della Sera』ネット版より)

イタリアのmaltempo(悪天候)の続報ですが、トリノを流れるポー川の氾濫は避けられたものの、昨夜はエルバ島で洪水が起こったようです。
[PR]
by arinko-s | 2011-11-08 16:26 | 本日のイタリア語

Giotto もすごいけど、こっちもすごい!

b0171200_20525943.jpg

どうみても写真にしか見えないけれど、グラファイトと白墨で描かれた絵だそうです!
作者はスコットランド人のPaul Cadden氏。
1964年、グラスゴー生まれ。今もグラスゴーで暮らしている画家だそうです。
すごすぎる! 
b0171200_2058317.jpg

これだけのものを描くのに、どれほどの時間がかかるのか……。
Che pazienza !  Bravissimo〜〜〜!!

根気だけは見習いたい。
(11月6日付け『La Repubblica』ネット版より)

イタリアのリグーリア州では、大雨による水害が。死者も行方不明者も出ているとのこと。心配です。
これ以上、被害が増大しませんように。
[PR]
by arinko-s | 2011-11-06 21:05 | 本日のイタリア語