ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

飲み方にもいろいろあるようで……

パヴェーゼ『丘の家』7回目の授業でした。

トリノが大空襲を受けた翌日、コッラード先生は職場の学校へ行きましたが、
学校は当然のことながら休校。
電話番をすることにうんざりして、コッラード先生は町をぶらつき始めました。

町は悲惨な状況でした。
爆撃により多くの建物が壊れ、役に立たなくなった家財道具を運び出すと、家の中はほぼ、もぬけのから。
カフェに入れば、常連客たちが「この戦争はもう負けたも同然だ」と噂している。
コッラード先生は、カフェでの話にもうんざりして、再び町をぶらつきます。
そして、過去に思いを馳せ始めました。

カーテとわかれた後につきあったアンナ・マリーアは、
コッラード先生の「田舎に学校を作る」という夢を褒めそやし、
コッラード先生は他の農民とは全く違うと、自尊心をくすぐってくれる女性でした。
しかし、ひとたびベッドインした後は、コッラード先生にわがままを言い放題、
それに耐える彼をあざ笑うという、イヤな女に変身してしまいます。

そんな彼女の態度も結婚すれば変わるかと、コッラード先生はプロポーズをし続けます。
しかしアンナ・マリーアはけっして首を縦にふらない。
先生は疲れきって、結局3年後二人は別れます。
以来、先生は女性に思いを向けると、そこにアンナ・マリーアと過ごした日々に味わった脅威を感じるようになってしまうのです。
そして、彼女との関係に対する恨みの中に、閉じこもっていくようになってしまったのでした。

というのが昨日読んだ部分。
コッラード先生がどうしてこんなに卑屈なのか、少しわかってきました。

コッラード先生は歩きながら、ひたすら様々なことに思いを巡らしているのですが、
その中に、山や海の家にとっくに避難してしまった金持ちたちのことを思う場面がありました。
しかし、こう爆撃がひどくなった今となっては、
彼らも「Ci bevevano sopra. 」とあります。
直訳すれば「上で飲む」ということなので、「丘の上で飲んでいる」ということなのか、と思いきや、
これは「酒を飲んで憂さを晴らす」という表現だそうです。

そこで「bere 飲む」の熟語を調べてみると、いろいろあるんです。
bere come un tedesco ドイツ人のように飲む = 底無しに飲む(ドイツ人に失礼?)
bere con gli occhi  両目で飲む = 見とれる
o bere o affogare  飲むか溺れるか = 二者択一を迫る
bere grosso 多量に飲む = 鵜呑みにする
bere il calice  杯を飲む = 悲しみに耐える
何だか日本語と似ていておもしろいのが
bere zinzino(ベーレ チンチーノ ちょびちょび飲むこと)と
bere a gogo (ベーレ ア ゴーゴ ごくごく飲むこと)

さて、ビールがおいしい季節になりました。
私はzinzino派です。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-22 18:25 | 読書 イタリア語

青い王子様

イタリア語では Principe azzurro です。
これ、夢の王子様、そう白雪姫や眠り姫を助けてくれたような王子様のことを言うのだそうです。
引いては、理想の夫のことを Principe azzurro と呼ぶのだとか。

azzurri(アッズーリ、アッズーロの複数形)と言えば、
もちろんイタリア代表チームの選手たちのこと。
どのスポーツでも代表チームのユニフォームはazzurroです。

それに avere il sangue azzurro(blu) 。
直訳すると「青い血が流れている」と言う意味ですが、
高貴な家柄の出をさすそう。

色についてのイメージは、ホント国によって様々ですが、
イタリアでは azzurro はすっごく高尚なイメージなんですね。
今更ながら、初めて知りました。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-21 20:28 | 本日のイタリア語

夜よ、こんにちは

マルコ・ヴェロッキオ監督の作品。

舞台は1978年、ローマ。
アルド・モーロ元首相誘拐暗殺事件という実話を元にした映画です。

ローマのとあるアパートに婚約者と共に入居したキアラ。
実は、ここは「赤い旅団」のアジトの一つで、
誘拐したモーロ元首相をかくまうための部屋として借りられたものだった。
キアラは見張り役の一人として、モーロの様子を盗み見するうちに、
次第に情が移っていく。
「赤い旅団」とイタリア政府との交渉は決裂。
彼らはモーロの殺害を決定する。
キアラは彼を殺すことに反対を示したが、結局幹部の決断を覆すことはできなかった。
しかしキアラは、一人こっそりとアジトを抜け出し自由の身になったモーロ首相を
はっきり感じるのだった。

と、史実にキアラという女性の視点をプラスして仕上げられています。
「赤い旅団」とはイタリアの極左テロリスト集団です。
1970年代から活動を開始し、すでに解散したものと思われていましたが、
1999年にも事件を起こしていることから、まだ組織されていることが知られています。

モーロ元首相暗殺事件のことは、ミラノで暮らしていた時に初めて知りました。
「赤い旅団」のことも、当然何一つ知りませんでした。
その時、解説してくれたカメラマンのフランチェスコは当時50代(きっと今60代)で、
事件のことを熱く語っていたのを覚えています。
彼世代の人たちにとっては、決して風化した事件ではないんですね。

事件の真相はいまだに謎に包まれている部分も少なくないようです。
当時の首相アンドレ・オッティは「赤い旅団」との交渉に
一切応じなかったともいわれていますし、
イタリア共産党の躍進を恐れたアメリカの陰謀説(モーロはイタリア共産党の議会復活を画策していた)もささやかれているようです。

自分たちの政治的主張を通すために人の命を犠牲にするなんていうことは
決して許されることではないし、
そのことについても憤りを感じますが、
それにしても、当時のイタリア政府が本当に一人の命を見殺しにしたのであれば、
そのことに対しては、もっと怒りを覚えます。

イタリア映画祭で見た「運命に逆らったシチリアの女」に続き、
イタリアの暗い歴史を教えてくれる映画でした。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-17 13:27 | 映画 イタリア

機能しているのはどっち?

パヴェーゼ6回目の授業。

コッラード先生の勤め先の学校は、幸いにも空襲被害には遭いませんでしたが、
その翌日、学校は休校でした。
生徒の中には亡くなった子どももいるかもしれない、と先生は案じます。
教員、事務員も学校にやってきた人は多くありません。
しばらくすると、電話が鳴り始め、生徒の親、教師、事務員、と連絡がつき始めます。
もう、これ以上電話に出たくない、と町を歩いてみることにしたコッラード先生。
瓦礫の山、家々から運び出されたマットレスや家具の山、
そして壊れた壁の合間の高いところには、壁紙や洗濯物が揺れていました。
兵士たちがスコップを手に隊列をなして歩いています。
生き埋めになった人たち、亡くなってしまった人たちを防空壕から掘り起こすためです。
しかし彼らは一向に急ぐ様子も見せず、のんびりと歩き、
きれいな女性が通れば、皆で敬礼するといった有様。
こんな状況で女性の存在に気づくのは兵士たちだけだと、コッラード先生はあきれます。
先生にとって、女性に魅了されはまっていく危険はとっくの昔に終わったことなのです。
しかもこの状況下で女性に目を奪われるとは!
市民たちはとっくに、もう戦争に負けるだろうことを直感しています。
しかし新聞は相変わらず
「勝利を信じ情熱を持つこと。それが我々の財産であり、この戦争の行方は我らの掌中にある」
と書き続けています。

というのが今回読んだ部分。
最後の部分は、まったくどこかの国と同じですね。
市民の方が冷静で真実を直視しています。

この中で私が引っかかった部分。
コッラード先生が出た電話に、同僚のフェッリーニからの電話もありました。
フェッリーニはまず「Funziona?」と訊ねるのですが……。

funzionareという動詞は、辞書によれば
①機械や器官がきちんと動く、正常に作動する
②機関、組織がきちんと機能する
③役目を務める、役割を果たす
という三つの意味があります。

この場合、フェッリーニはトリノの町が爆撃にあったことは当然知っている。
そして学校は休みだろうと思っていたけれど、念のために電話をしてみた。
で、funziona? です。
「(この電話が)聞こえるかい?」と言ったのか(つまり①の意味)
それとも
「学校は開いているのかい?」と言ったのか(つまり②の意味)。

私は迷わず①だと思っていたのですが、きちんと辞書を引くと、
そうですね、どちらとも取れるのです。
こんな場合、別にどちらの日本語をとっても良いのではないでしょうか、と先生。
まあ、これが小説の核の部分ではないから、ということもありますが、
翻訳の難しさを感じさせられた部分でした。

こんなふうにあいまいな日本語って、あまりない気がします。
漢字ってすごいなぁ、って改めて実感。
ちなみにフェッリーニは casa del diavolo から電話してきました。
直訳すると「地獄の家」ですが、「辺鄙なところにある家」を意味する言い回しだそうです。
あんなに田舎を愛し、ミラノのような都会を嫌うイタリア人なのに、
なんだか矛盾していますよね。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-16 18:02 | 読書 イタリア語

歩く歩く東京案内2

ジョルジョとの東京観光2日目。
ジョルジョの希望は浅草で浅草寺を見て、水上バスに乗って浜離宮へ行くこと。
ついでに築地にも、と話していたのですが、日曜日は築地は閉まっているのですね。
残念。

そこで、浅草に行く前に上野へ寄り、
東京国立博物館で催されている『阿修羅展』へ。

思っていたより行列はありませんでしたが(10分待ち)、
中はすごい人! 人・人・人! 
『フェルメール展』のときと同じくらい人・人・人!
やっとのことでたどり着いた『阿修羅』は、
やっぱりというか、想像以上に美しかったです。
そして想像以上に華奢でした。
ジョルジョも感動してくれたと信じていますが、
ひょっとしたら彼以上に私の方が感動していたかも。

興奮を引きづりながら浅草へ。
お寺でも仲見世通りでも、いまいち冷めているジョルジョ。
ザ・ミヤゲっていう感じに引いたのかもしれません。
それからおみくじに群がる人たちにも。
「未来は自分で決めろ!」とかブツクサ言っていました。

さて、昼食タイムです。
ジョルジョはまたもや何も食べないと言います。
困りました。何しろ浅草です。
寿司屋、天ぷら屋、そば屋しかないんじゃないかと思うくらいの町。
きっとどこかに喫茶店もあるはずだけれど、
もうジョルジョの足も止まりそうです。
結局、そういった店で一人分だけ注文する勇気はなく、結局デニーズへ。
でも、ジョルジョにはなぜこれほどたくさんの店があるのに、こんなにうろうろしたのか、
理解してもらえなかったみたい。
どうなんでしょう? ああいう店でも、一人はお茶だけ、って許されるものなんでしょうか?

修学旅行生に混じって休憩した後は、
今度は水上バスです。
浜離宮までの道中、ジョルジョが一番関心を示したのは、
月島辺りの高層マンション群。
目を点にしていました。

そして最終目的地の浜離宮。
私も初めてのこの庭園。
ここでジョルジョを驚かせたのは、
シートを引いて談笑するマダムたち。
「ピクニックしにくる人もいるんだなぁ」って。
そう、あんまり植物には目がいかないみたいでした。
でも緑の中を歩くのは、ビルの中を歩くのよりも気持ちが良かったです。
ただ、暑い!!

さて、ジョルジョをホテルへお送りする時間です。
直線距離にしたら多分ホテルまで一キロもなかったのですが、
またまた地下鉄。
あぁ、そしたら銀座線の新橋駅まで結構ありました。
こんなことなら、さっさとタクシーに乗れば良かった! と後悔。
地下鉄降りて、坂道を上りながら、足が吊っちゃいそうでした。
貧乏性はダメですね

ジョルジョは一日中、元気にお喋りしていましたが、
その中で気になる言い回しが。
「parente da destra e parente da sinistra」
直訳すると「右の親類と左の親類」です。
「どういう意味?」と聞くと、「つまりぼくの方の親類と妻の方の親類だよ」と。
「へ〜、そんな言い方するんだ、初めて聞いた!」って喜んだら、
「いや、つまりぼくが考えた言い方だけどね」だって。
ちょっとがっくりしましたが、何となく良い言い回しですよね。

ところで
この二日間のギャラは……
ユーロでいただきました。
「これ持ってミラノに来い!」って。
Speriamo!(願いましょう) 
今年は無理そうだから、来年。
大切にしまっておきます。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-14 21:50 | 本日のイタリア語

歩く歩く東京案内

真夏のように暑かったこの週末。
ミラノからやってきたジョルジョを連れて
東京観光してきました。

ガイドブックを読んで、一通り行きたいところをチェックしていたジョルジョ。
初日の土曜日は、銀座を歩き回りました。

まず和光のショーウィンドウからスタート。
開店前の松屋に並び、オープン時の店員さんたちのおじぎを見学。
入り口、エスカレーター、各店舗で丁寧なおじぎをされるたび、
ジョルジョは目をクルクルさせて驚いていました。
松屋を上から下まで見て、いくつか買い物したあと
次は、二年前に彼の奥さんと娘さんが驚喜した伊東屋へ。
彼は1階のカード売り場を行ったり来たり。
グリーティングカードを数種類購入していました。

次の希望は本屋。
銀座のブックファーストにて、
東京の地図、伊ー和ー英辞典、絵本を購入。
相当荷物も重くなってきました。

そして歌舞伎座。外観眺めただけで、数寄屋橋方面へ。
イタリアのガイドブックに載っているギャラリーセンターを目指しました。
しかしおおざっぱな地図が載っているのみ、住所も何もありません。
途中交番で聞いてみたのですが、おまわりさんにもわからない。
そこで細かな地図を見せてもらうと、そういう名前のビルがありました!
週末にもかかわらず開いていたギャラリーを二つ見学。
もうすでに私の足はパンパンでした。

ここでやっと昼食休憩。
ジョルジョは昼食は食べないというので、カフェへ。
私も食べないでいるべきか迷いましたが、やっぱりお腹はぐうぐうで、サンドイッチを注文。
カラカラののどにコーラがおいしかったこと!

一人だったら、もう腰が上がらないところでしたが、
まだまだ行くべきチェック箇所が残っています。
今度は有楽町ガード下を歩いて、有楽町国際フォーラムへ。
グル〜ッと回って、銀座へ戻り、日比谷線で六本木へ。
東京ミッドタウンで、奥様(東京で商用中)との待ち合わせの時間まで、
またまたウロウロ。

やっとやっと、その時間が来た時には、私の足はヘロヘロでした。
この日、何と70歳!のお誕生日だったジョルジョは、まだまだ元気そう。
疲れてない? って何度聞いても「NO~~~」の返事。
イタリア人のお年寄りってほんとタフです。

このあと、ジョルジョと奥様のリータが着物を着て記念撮影。
ジョルジョ、すっごく似合っていました。
男性の着物って恰幅が良いほど似合うんですね〜。
見学している間に、疲労がどっと出てきて、
気づいたら足のすねがすでに筋肉痛に…。
あ〜、情けない。

にしても、イタリアの東京ガイドブックはいけてない。
見るべきデパートが「HANKYU と SEIBU」だって!
東京の今を見せてあげられるイタリア語のガイドブックを作ったら
売れるかもしれません。

と長い一日でした。
翌日の東京見物報告は、また後日。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-11 19:10 | 本日のイタリア語

深読みし過ぎ

パヴェーゼ5回目の授業でした。

いよいよ戦争が緊迫化。
トリノの町が砲撃にあいます。
コッラード先生は丘の上で暮らしていますから、
直接の被害には遭いませんでしたが、
空襲警報が鳴り響くのを聞き、
高射砲の破片が木々の合間に落ちてくる音に身をすくめ、
一晩過ごしました。
翌朝、トリノの町へ下りてみると、
コッラード先生の勤める学校は無事だったものの、
辺りは瓦礫の山と化していました。

というところまで進みました。

qualche esercente socchiude la porta e ne filtra la luce (tanto ci sono i grossi incendi)~

という文章がありました。
何人かの商店主がドアを少しばかり開けると光が漏れてきた(大火事がいくつもあったのだ)。
という意味です。

この括弧の中にわざわざ「火事があった」とかかれているのだから、
光は外から店内に漏れてきたのだと読んだ私。
他にも数人の方がそれに賛同してくれたのですが、
しかし深読みし過ぎだそうです。
単純に「外に店の光が漏れてきた」と読むべきとのこと。

他にも
Per qualche giorno ci pensai ,lavorando a Torino, camminando,rientrando la sera, discorrendo con Belbo.
数日間、私はそのことについて考えた。トリノで仕事をしている間も、歩きながらも、夜家へ帰る道すがらも、そしてベルボと会話している時にも。

ベルボというのはコッラード先生の飼い犬です。
辞書でdiscorrereを引くと、「走り回る」という意味も書かれている。
ならば、犬と会話する時よりも、犬と走り回っている時だろうと思ったのですが…。

先生曰く「それは文語の意味。マンツォーニ(1785-1873)ならばその意味で使うこともあるかもしれないが、パヴェーゼはないでしょう」とのこと。
そうか、これまた深読みし過ぎでした。

と、他にもいくつか、ひねりすぎた箇所がありました。
来週はもっと素直に行ってみます。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-08 18:42 | 読書 イタリア語

よせよせ、ジョニー

イタリア映画祭で見たもう1本がこの『よせよせ、ジョニー』。

ナポリ近郊の小さな町、カゼルタで暮らすファウスト。
父親が亡くなり、今は母との二人暮らし。
ギタリストとしてバンドに参加している。

そんなファウストを待ち受けているのが兵役。
母子二人暮らしということで、あとは定職についていることを証明しさえすれば、
兵役が免除される。
そこで、バンドの仕事を斡旋してくれていた興行師に、
契約書を書いてくれるようお願いするのだけれど、なかなかことは進まない。

ある日、ミラノから著名なミュージシャン(監督のベンティヴォッリョが演じている)がやってきた。
興行師に言われるがまま、彼の世話をし、彼と共にステージに上るファウスト。
これで、すべてがうまくいくかのように思えた。
しかし、旅の途中で興行師が姿をくらまし、契約書どころかギャラももらえなかった。

すべて降り出しに戻ったある日、ミラノへ戻った彼のミュージシャンから、
ギターを持ってミラノへやってくるようにとの電話。
ためらいながらも、ミラノへ向かったファウストだったが……。

最後は何とも不可思議な終わり方でした。
見る人によって、ハッピーエンドともとれるし、その反対にもとれるし……。
私は、う〜ん、納得いかなかった派です。

適当な口約束、その場しのぎの即興バンド、惚れっぽい男…
イタリアだぁ、って笑えるエピソードが満載でした。
多くの人が抱いているだろうイタリアのイメージを、
うまーく笑いの小道具に使っています。
ただ、おとなしく従順でうぶなファウストだけは、
ステレオタイプのイタリア人像とかけ離れていました。
きっと、イタリアにもこういうおとなしい子いるはずですけどね。
なかなか出会わないタイプかも。

タイトルの「ジョニー」はいったい誰なのか?
ミュージシャンがファウストに呼びかけた名前が「ジョニー」。
「ミラノでは親しい人に呼びかける時には“ジョニー”と言うらしい」ってファウスト。
天然なのか、ばかがつくほど素直なのか。
とにかくファウストのかわいさに、気づいたらノックアウトされていそうな、そんな一本でした。
[PR]
by arinko-s | 2009-05-03 17:48 | 映画 イタリア