ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Il giorno in piu'

b0171200_126463.jpg


Fabio Volo の『Un posto nel mondo』がとってもおもしろかったので、もう一冊手を伸ばしてみました。

主人公はジャコモ。35歳。
幼い頃に父親が家を出て行ってしまってから、
母親と二人暮らしで育つ。
神経質すぎる母親の元で、自分の世界に閉じこもるようになり、
大人になってからも誰かと強くつながることに不安を感じている男性です。

ジャコモは毎朝の通勤に使うトラムに乗り合わせている女性に恋をします。
話しかけようとしても、なかなか実行に移せないでいたある日。
その女性ミケーラから声をかけられました。
しかし初めて言葉を交わした彼女から告げられたのは、
翌日、彼女はニューヨークへ引っ越してしまうという事実。

ジャコモは、ミケーラ出発の日、空港へ足を運びましたが、
結局声をかけることができずに帰ってきてしまう。
しかし彼女への思いを断ち切ることができずに、ニューヨークへ後を追いました。
初めてお茶をした時、彼女が持っていた封筒に書かれていたニューヨークオフィスの住所。それだけが頼りでした。

そして、ミケーラと再会。
実はミケーラもトラムで毎朝顔を見る青年ジャコモに好意を抱いていたのです。
もちろん、二人は恋に落ち、ジャコモのニューヨーク滞在中幸せな日々を過ごしました。
それは、ミケーラの発案で、期間限定の恋人という間柄。
終いには期間限定の夫婦として過ごすことを二人は決めたのでした。

しかしイタリア帰国予定日の前日、ジャコモは祖母が倒れたとの知らせを受けます。
ジャコモは一日早く帰国。
二人は心の準備も足りないままに別れてしまいました。

イタリアに戻ってからも、ミケーラと過ごした日々から抜け出せずに過ごしていたジャコモは再びニューヨークへ向かいました。
しかし、ミケーラからの提案は
「もう会わない方が良い。電話も手紙もなし」というもの。
でも、二人はお互いにお互いの子どもを欲しいと思っている。
「この気持ちが3ヶ月後まで変わらなければ、その時パリで会おう」と二人は約束して、再び別れたのでした。
そして、3ヶ月後、ジャコモはそれまでに書きためたミケーラへの手紙を携えてパリへ…。

という物語。
う〜ん、私は『UN POSTO NEL MONDO』の方が好きでした。
ジャコモがトラムで出会ったミケーラに恋心を募らせていく場面は、とっても好きだったけれど。

読みながらすごく感じたのは、
ファビオ・ヴォーロって絶対村上春樹の影響を受けているに違いないということ。
詳細なセックスの話あり、料理の話あり、音楽の話あり。
村上ワールドを彷彿とさせる箇所が何カ所もありました。
でも、村上小説のような不可思議さはなく、もっと平べったい感じがしてなりませんでした。

私はニューヨークには行ったことがありませんが、ニューヨーク好きにはある種のガイドブックみたいで、それも楽しめるかもしれません。
表紙に見えるのは“DOMA Cafe”の文字をウインドウの内側から写したところ。
AMOと逆さに写っていますが、これはイタリア語の「愛している」の一人称単数系です。
これを見て、ファビオ・ヴォーロはこの話を思いついたのかもしれません。

一つだけ、すごく気に入った表現。
ニューヨークのホテルで、ミケーラと別れた後にメールを打っていたジャコモの元に、ミケーラからのメールが届きます。
それを読んだジャコモは
Mi ha rubato le parole dalle dita. と語ります。
彼女はぼくの指から言葉を奪った、というのが直訳。
指で紡ぎ出していた言葉をもう送る必要はない、っていう感じでしょうか。
携帯メールがなんだかとっても詩的に思える一文でした。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-30 17:08 | 読書 イタリア語

お買い物

b0171200_185519.jpg


イタリア語の本がどっさり届きました。
いつもイタリアのネット書店で注文しています。
送料が高いけれど「発送しました」メールの翌々日には手元に届きます。

初めてネット書店を活用したときは、
イタリアのこと、お金だけ請求されたりして、
とか心配しましたが、
今ではすっかり安心して注文しています。

イタリアは再販制度がないので、本屋によって価格はまちまち。
基本は表紙に書かれた値段(出版社が決めた値段)ですが、
ネット書店では、今週はこの出版社、今度はこっちのシリーズ、てな感じで何かしらセールになっています。
それもネット書店の魅力ですね。

ただ、せっかくだからと欲張りすぎてしまうのが難点。
本のついでに、DVDも毎回買ってしまいます。

さて、これだけの本をいつ読み終わるやら。
1Q84も待機しているし、今読みかけの本もあるし、資料も読まなくちゃだし。
しばらくは表紙を楽しむだけかも。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-23 18:17 | 読書 イタリア語

トリノ、24時からの恋人たち

ダヴィデ・フェッラリーオ監督の映画。
原題は Dopo mezzanotte(真夜中過ぎに)です。

舞台はトリノの映画博物館。
ここの夜警をしているマルティーノという少年が主人公です。

マルティーノは博物館の倉庫をバスター・キートンの映画セットさながらに改造し、そこで暮らしています。
ある日、バイト先の店長と衝突し火傷を負わせてしまったアマンダという女性が、
警察の追っ手を避けて、マルティーノのいる夜中の博物館に逃げ込んできました。

実はアマンダはマルティーノの片思いの相手でした。
しかし、マルティーノにはアンジェロという恋人がいます。
アンジェロはアマンダのバイト先に押し掛け、店長に彼女の告訴を取り下げるよう脅しをかけます。
そしてアマンダは無事に家に帰ることができたのですが、
実は博物館に匿ってもらっている間、マルティーノと結ばれてしまいました。
アンジェロもアンジェロで、アマンダの留守中に彼女のルームメイトとちゃっかり寝てしまう。
家に戻っても、アマンダとアンジェロの間はしっくりいかなくなります。

結局アマンダが出した結論は、三人で付き合うというもの。
男性二人と女性一人の奇妙な三角関係が始まったのでした。

という、何とも身勝手な男女の恋愛映画です。
古い映画と現在を織り交ぜて見せる手法は、
あの『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出させます。
こちらの映画はこちらの映画で、古い映画を上手く使っているのですが、
『ニュー・シネマ…』との決定的な違いは、
この映画では古い映画の方が面白い、ってことかもしれません。
キートン作品は見たことがありませんが、キートン作品の場面になると吹き出してしまう。
でも、現実の場面はなんだか共感できないまま終わってしまいました。
『ニュー・シネマ…』の方は、古い映像にも魅せられ、トトの人生にも魅せられますけど。

タイトル通り夜中の町しか出てこないところも、
退屈する一因かもしれませんね。
映画博物館の魅力はたっぷりですが、トリノの魅力は何も見られません。
最後にアンジェロが撃たれてしまうのですが、
その理由さえ私にはさっぱり理解できませんでした。

アマンダ役のフランチェスカ・イナウディという女優さんもかわいいのですが、
今人気のはんにゃの金田に見えてしまって仕方ない。
う〜ん、はんにゃが馴染みになる前に、この映画を見るべきだったかも。

一つ大発見は
普通人名には定冠詞をつけませんが、
アンジェロには定冠詞のLがついていました。
Angeloは天使の意味。だから? 初めて知りました。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-15 20:45 | 映画 イタリア

IN NOME DELLA MADRE

『母の名の下に』という題名です。
著者は エッリ・デ・ルーカ というナポリ出身の作家です。
b0171200_1534931.jpg


表紙の文字はヘブライ文字のMだそうです。
物語の主人公、Miriam のM。Miriam はマリアのユダヤ名です。
イエス・キリストの母、聖母マリアが受胎告知されてから、
イエスを出産するまでの物語でした。

マリアは今のイスラエルのナザレ出身。
そこで受胎告知されました。
その時マリアは木工職人のヨセフと婚約中でした。
慣習としてマリアは石打ちの刑にあってもおかしくありません。
しかしヨセフは全てを受け入れ、マリアと結婚しました。

マリアが臨月を迎えたころ、
ローマ軍による国勢調査が行われ、
地方に住むユダヤ人たちはベツレヘムへと出向くことを義務づけられます。
もちろん、マリアとヨセフの夫妻も招集されました。
長旅の後、ベツレヘムへたどり着いたところで、マリアはイエスを出産したのでした。

これはデ・ルーカの小説ですから、
どこまで史実に基づいているのかは、わかりません。
まあ、マリアが受胎告知され処女懐胎したということ自体、
キリスト教徒以外は信じてはいないでしょうし。

それはさておいても、
一人の女性、マリアが母になる過程が美しく描かれていました。
もし処女懐胎が事実であれば、
なるほど、この小説のように、周囲からの迫害も少なくなかったのでしょうね。
マリアは女性からも意地悪な言葉をさんざん投げつけられます。
もちろん、ヨセフとの結婚式にも近親者しか出席してもらえませんでした。

それでも、マリアはお腹の子どもを大切に育みます。
すごく強い女性です。
おまけに、ベツレヘムで見つけた小さな納屋で、
牛と自分をここまで運んでくれたロバに見守られながら
たった一人でイエスを出産するのです。
母は強し、です。

何気なく手にした本でしたが、
本当に美しいイタリア語で、読んでいて気持ち良かった。
詩的な情景が目に浮かび、母マリアの気持ちが痛いほど伝わってきました。

例えば、
Sa i miei pensieri. E' un maschio e mi rimprovera.
Occupa tutto il mio spazio ,non solo quello del grembo.
Sta nei miei pensieri, nel mio resipiro, odora il mondo attraverso il mio naso.
Quando uscira' mi svuoetra' , mi lascera' vuota come un guscio di noce.
Vorrei che non nascesse mai.
Arrivo' un altro calcio , pero' piu' gentile.
私が考えていることは、この子にお見通しだ。男の子なのだ。だから私をとがめているのだ(マリアが「お腹の子が女の子だったら…」と考えた時にお腹をけられて)。
私の体全てをこの子が占めている。お腹だけじゃない。
私の頭の中にも、私の息の中にも、この子がいる。私の鼻を通して、この子も世界の香りを嗅いでいる。
この子が出てきたら、私は空っぽになってしまう。クルミの殻のように私は空っぽになるに違いない。
生まれてこなければ良いのに。
その時、赤ん坊がまたお腹をけってきた。でもさっきよりずっと優しかった。

一番好きだったのは
Si formavano code ,le ruote s'impantanavano.
I campi erano bianchi , la strada nera di viandanti e fango,
il cielo una corrente azzurra sotto il vento del nord.
Respiravo profondp per far sapere anche al bambino le sorprese del mondo.
・・・
Gli zoccoli dell'asina bussavano la terra per saluto,
le cime degli alberi rispondevano scrollando un po' di neve giu' dai rami.
多くの人が列になって歩き、荷車の車輪がぬかるみにはまってしまっている。
畑は真っ白なのに、通りは旅人と泥で黒い。
そして北風が吹くと、空に青い一筋がさっと現れた。
赤ん坊にもこの世界の美しさを感じて欲しくて、私は深呼吸をした。
・・・
ロバのひずめが挨拶するかのように地面を鳴らすと、
木々のてっぺんがそれに答え、枝を揺らして少しばかりの雪を落とすのだ。

と…
あまりにも母親の気持ちが上手く描かれているので、
デ・ルーカって本当は女性? って疑っちゃうような本でした。
母だったマリアを改めて実感。
彼女に親近感がわいた一冊でした。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-12 20:06 | 読書 イタリア語

向かいの窓

Frezan Ozpetek監督の作品。
イタリア映画なのにイタリア人らしくない名前の監督で、
調べてみたらトルコの人だそうです。
この監督の作品は初めてです。

優しいけれど甲斐性のない夫にうんざりしているジョヴァンナ。
お菓子作りが好きで、その道に進みたかったけれども、
今は鶏の精肉加工所で経理の仕事をしています。

夫ともいさかいの耐えないある日のこと。
記憶障害でパニックに陥った老人と、ばったり行き会います。
放っておけない夫に言いくるめられ、
とりあえず自宅へ連れ帰りました。
しかし、夫は警察へ届け出た様子もなく、
その老人は数日、ジョヴァンナ一家の家で過ごすことになりました。

しかし、記憶が戻った老人は別れも告げずにいなくなってしまう。
彼のジャケットのポケットに入っていた古い一通の手紙から、
ジョヴァンナは老人の居所を突き止め、
手紙を返しに彼を訪れました。

その老人ダヴィデは町でも有名なケーキ屋のパティシエでした。
ジョヴァンナ夫妻に助けられた日、
彼はかつて愛した男性と、人に隠れて手紙の受け渡しをしていた
公園へ向かう途中だったと話しました。
ユダヤ人のダヴィデは、ゲイであることでユダヤ人社会でも孤立していたのです。

時は1943年。
ナチスがイタリアへ侵攻し、イタリアでもユダヤ人狩りを行っていた時のこと。
ダヴィデはその日、ローマにナチスがやってくるという情報を耳にします。
ユダヤ人たちに自分も彼らの仲間だと示すために、
彼らの元へその情報を伝えに走りました。
最愛の恋人は後回しにしたのです。
その結果、恋人のシモーネは強制収容所に入れられてしまう。
ダヴィデはそのことを今も後悔し続け、
そして時に恐ろしい記憶と共にパニックになってしまうのでした。

実は、ジョヴァンナの密かな楽しみは
台所の窓から、向かいの建物に暮らす男性を覗き見することでした。
記憶を失っていたダヴィデを世話していた時のこと。
ひょんなことからその男性ロレンツォと言葉を交わすようになります。
そして、彼もまた自分を向かいの窓から覗き見していたことを知るのです。

ジョヴァンナは、ダヴィデの世話をしたことで、
結果二つの選択をします。
一つはロレンツォとのこと。
そしてもう一つは仕事について。

パティシエだったダヴィデは、ケーキ職人への夢を断ち切れない
ジョヴァンナの背中を押してやります。
そして、ジョヴァンナは新しい人生を歩み始めるのでした。

というのが、ざっくりとしたあらすじです。
パッケージから、ジョヴァンナとロレンツォの恋物語かと思いきや、
ユダヤ人、ゲイといった重たいテーマも絡めながら、
不満だらけだった毎日を変えるために一歩を踏み出した
ジョヴァンナという女性の心の変化を描いた映画でした。

ダヴィデ役のマッシモ・ジロッティが素敵です。
彼の口から発せられる台詞が、ジ〜ンと心にしみました。
不満を抱きながらも日々過ごすことに精一杯のジョヴァンナに言ったのは
Non si acconti di sopravvivere. Deve pretendere di vivere in migliore mondo, non soltanto sognarlo.
「無為に過ごすんじゃない。もっと良い人生を送ることを願うんだ。夢みているだけじゃだめなんだ」
最初の一文は直訳すると「生きながらえることで満足するな」という意味です。
私も心がけます。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-09 20:39 | 映画 イタリア

sono negatoって…

ずっとバタバタしていて更新できないうちに、
パヴェーゼの8回目、9回目の授業が終わってしまいました。

コッラード先生は、かつての恋人カーテと再会した居酒屋を
再び訪ねます。
今夜はカーテは丘には上ってきていないのだろう、
と帰りかけたその時、
一人の少年が飛び出してきました。
この少年はカーテの息子ディーノでした。

息子につづいて庭に出てきたカーテ。
息子がいる前ではコッラード先生に敬語でしゃべっていたカーテですが、
息子が家に入ると、昔のように話してくれました。

といっても、コッラード先生のひどい言葉によって別れた二人。
カーテは、再び目の前に現れ、その後の自分について
あれこれ聞いてくるコッラード先生がうっとうしそうです。
二人の共通の友人が話題に出たあと、やっとカーテの緊張がほどけ、
二人が別れてからの生活についてポツポツと語り始めました。

その後夏休みに入り、
トリノの学校へ通う必要のなくなったコッラード先生は、
毎日のようにカーテの避難している
居酒屋へ足を運ぶようになりました。
そこへ避難している他の人たちとも親しくなり、
様々な議論をするようになります。
彼らはアンティファシスト、この戦争をどう終わらせるか、
あれこれ論じているのでした。
おまけにコッラード先生は、
居酒屋の裏手に耕された菜園やブドウ畑で
畑仕事まで楽しむようにもなりました。

というのが、2回の授業で読んだ箇所。

時は1943年6月から7月にかけて。
アメリカ軍がシチリア島に上陸していますが、
まだムッソリーニは失脚していない。
明るい未来が見えかけているけれど
まだ予断は許さないというような、そんな時期です。

そう、イタリアのこの辺りの歴史を知らないと、
難解な台詞がますます難解になります。
会話文を読むのに一苦労。

で、昨日の箇所に
アンティファシストとしてあなただったらどう戦うか、と聞かれたコッラード先生が
「Ci sono negato」と答える場面がありました。
直訳すると、「私は拒否された」という意味です。
???なのですが、
「その素質がない」ことを意味するのだそうです。
つまり、だれに拒否されたかというと天から拒否されたわけです。
この場合ならば「ぼくにはそんなことは向いていないよ」
あるいは「ぼくにそんな力はない」となるそうです。

「〜はできない」にあたる「non so ~ 」や
「non posso〜」よりも重たいです。
努力してもできないこと、この年になるとたくさんあります。
いやぁ、でもこの表現はなんだか言い訳になっちゃいそうで、
使いたくないなぁ。
それに、天から拒否されているなんて、悲しすぎます。

あと、改めてなるほどって思ったこと二つ。
「奴ら(ファシスト)は、la testa をかえる気はないさ」という台詞。
la testaは頭です。
考えを変える気がない、ということかと思いきや
「ムッソリーニをすげ替えることはない」の意味だそうです。
こういう場合 capo(やっぱり頭)を使うものだとばっかり思っていました。

そして、「continuare la guerra in casa」という文。
「家の中で戦争を続ける」という意味ですが、家の中〜????
と思いきや、
自陣の「ホーム」のことだそうです。
じゃあ敵陣は? 
調べてみたら、こちらは campo nemico
「敵地」そのまんまでした。
英語のaway に当たる単語はないんですね。
なんとなくがっかり。
[PR]
by arinko-s | 2009-06-05 18:27 | 本日のイタリア語