ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

LA VITA È BELLA

b0171200_12271843.jpg

日本でも大ヒットした『LIFE IS BEAUTIFUL』。
先日、渋谷のツタヤで安売りしているのを発見! 迷わず購入して帰りました。

舞台は、戦争の色が濃くなりつつある1939年。
ユダヤ系イタリア人、グイド(ロベルト・ベニーニ)は、書店を開くために、トスカーナの小さな町アレッツォにやってきます。
そしてドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と出会い、恋に落ちます。
グイドの必死のアプローチにより、ふたりは身分の違いを乗りこえ結婚。
そしてひとり息子のジョズエが生まれました。

ジョズエの5歳の誕生日のことです。
グイド、ジョズエ、グイドの伯父の3人が強制収容所へと連れていかれてしまいました。
それを知ったドーラは、彼らの後を追い、自ら収容所へと向かう列車に乗りこみます。

なぜこんなところへ連れてこられたのか、さっぱり理解できないジョズエをなだめるために、グイドはジョズエに嘘をつきます。
これは遊びなんだ、点数を千点ためれば優勝、賞品は本物の戦車なんだよ! と。
そしてグイドは必死でジョズエを守り抜き……

というあらすじです。
最初に見たのは1997年、公開当時のミラノでした。
公開当初から「この映画はすごい!」とイタリアでは大絶賛で、さっそく映画館に足を運んだことを覚えています。
もちろん、映画館で涙ホロホロ。
今回、久しぶりにDVDを見て、またもやホロホロしてしまいました。

グイドたちが収容所へ連れていかれてすぐ、ドイツ兵がここでの規則について説明しに来る場面があります。
「ドイツ語がわかる者!」と聞かれ、手を挙げたグイド。
ジョズエを安心させるために、めちゃくちゃな通訳をします。

このシーンのドイツ語部分、日本語字幕がはしょられていて、なにを言っているのかわからない!
わからなくても構わない部分ではありますが、すっごく気になります。
グイドがドイツ兵とまったく違うことを言っているってことがはっきりするって意味でも、訳が必要だと思うのだけれど。
なんで訳されていないの?? 
(この部分が気になってしかたないので調べてみたら、イタリアのサイトに載っていたので解決)

もうひとつ謎として残ったのは、アレッツォのグランドホテルでグイドが給仕をしていた時に知り合ったドクターが、軍医として収容所に配置されているのですが、その軍医がグイドに出したなぞなぞ。
「デブで醜く、黄色。どこにいるのかと聞けば『ここ、ここ(伊:qua qua qua)』と答え、歩きながらうんちをする。これなんだ」というのですが、
まったくわからない。

イタリアの掲示板などで、このなぞなぞについての質問や答えがあれこれ書かれていました。
このシーン、なぞなぞを聞きながらグイドがとても悲しそうな顔をするのですが、
わたしはこの表情を、力になってもらえると思っていたドクターの“とても大切な話”というのが、こんな意味の分からないなぞなぞだと知ったグイドの、絶望感の現れだと思っていました。
でもここにはもうひとつの絶望が込められていたようです。

このなぞなぞの答えは、どうやら「ユダヤ人」(はっきりと語られているわけではありません)。
答えを察したグイドは、ドクターに助けを求めても無駄だと現実を突きつけられ、落胆していたようです。

たしかに楽天的なグイドは、強制収容所に連れてこられるまで、そして連れてこられてからも、現実が見えていなかった節がたくさんあります。
このなぞなぞのあと、霧に包まれた収容所で迷い、山積みになった白骨を目の当たりにしたシーンもそのひとつ。
グイドは初めて恐怖に震えるのです。

それはそうとこの映画の、ひたすら子どもを守ろうと明るく努めたグイドの態度を、あまりにも自分勝手な行動と不快に感じる人もいると知って、ちょっと驚き。
まあ、そうかもしれません。
感想は人それぞれですね。

わたしは久しぶりに、息子ジョズエのかわいらしさにノックアウトされました。
シャワーなんて絶対いや! と地団駄を踏むシーンも
Buon giorno Principessa! (ボンジョルノ お姫さま!)と両手を大きく広げてみせるシーンも
目の前に連合軍の戦車が止まると目を見ひらいて「うわ! 本当だったんだ!」と驚くシーンも
ただただ、かわいい!のひとこと。
お父さんがついてくれた嘘のおかげで、恐怖は半減したに違いありません。

このジョズエ役のジョルジョ・カンタリーニ(Giorgio Cantarini)は、今も俳優を続けているそうです。
大人になった彼の映画も見てみたいなあ。
[PR]
by arinko-s | 2011-07-23 13:57 | 映画 イタリア

E allora mambo! 

b0171200_16322577.jpg

タイルメーカーで働くステファノ(写真右上)は、仕事にも家庭にも食傷気味。
工場ではアルバニアからの移民に当たり散らし、家では海に別荘を買いたいと言いつづける妻のリーザ(写真左上)にうんざり。
学生時代を懐かしんでは、ため息をついています。

そんなある日、ステファノは自分の口座に60億リラ(約4億2千万円)もお金があることに気づきます!
もちろん、それは銀行の手違い。
そうとわかっていながら、弁護士をしている親友のマウロ(写真左下)の手を借りて口座を操作し、そのお金を自分のものにしてしまいます。

ただひとつの望みは失ってしまった日々を取り戻すこと!
それは学生時代の、無責任で自由な毎日。
ステファノはリーザに内緒で会社を辞め、学生時代を過ごしたボローニャで遊びはじめます。
もちろんリーザにばれてはなりません。
またまたマウロに助けを求め、ボローニャの架空会社に引き抜かれたことにしました。

そして、ボローニャでアントーニア(写真右下)と出会います。
アントーニアに夢中になったステファノは、昼間はボローニャで恋人と過ごし、夜になると自宅に帰る(恋人には、夜勤の仕事だと話しています)毎日を過ごしはじめます。
けれどもそんな二重生活に心身ともに疲れ果て、アントーニアとの生活を終わりにすることを決めました。

ところが、タイミングよく(悪く?)アントーニアの妊娠が発覚。
結婚を迫られたステファノ(アントーニアにはルーベンと偽名を名のっています)は、自分はアルバニアからの移民だと、嘘の告白をします。
そして身分証明所を偽造(これまたマウロの手を借りて)し、二重結婚をしてしまいます!

気づいてみれば、自由になりたかったはずが、ただ単に自分を束縛する家庭がふたつになっただけ!
いっそふたりの妻からふられてしまえばいい、とふたりを引き合わせることにしました。
ところが、それを阻止したのは弁護士のマウロ。
自分がステファノのためにしてやったことが表沙汰になれば、職を奪われる事態になりかねません。

ところがマウロの作戦は不発に終わり、妻ふたりは顔を合わせてしまいます。
予想外なことに、妻ふたりは、互いの夫(実際は同一人物)が同じ会社で働いているとわかり意気投合。
ますますステファノは窮地に立たされてしまいます。
結局最後には、今までの二重生活がばれ……
望みどおり一度は、ふたりから見放されたステファノ。
けれども、最後の最後、妻ふたりは夫ひとりを共有することで同意します。
そしてマウロの口座に残っていた40億リラはリーザに没収され、リーザはそのお金でマウロの元勤め先を買収。
マウロはふたたびサラリーマン生活に逆戻りしてしまいました。

というコメディ映画です。
そもそも映画ですから、あり得ない話ももちろんOKなのですが……
どう考えても誇張され過ぎ。
そんな二重生活を続ける夫に気づかずにいる妻ふたり! あり得ない!
親友を助けるために、裏工作をいくつもしてあげる弁護士! あり得ない!

なにより60億リラというお金が自分の口座に入っていたからといって、使ってしまうなんて! あり得ない!
おまけに、その残高を妻が使ってしまうなんて、それこそあり得ない!

これってすっごいイタリア人的発想だよ、というわたしに、ダニエーレは「ナニジンだからなんてことは、ない!」と反論。
もちろん、その真意もわかります。その通りです、イタリア人はこう、日本人はこう、なんてひとくくりにできないことは重々承知していますが、でもやっぱり国民性のようなものってある気がします。

イタリアで語学学校に通っていた時、学校の先生が「イタリア人は傘を買わない」と言ったことがあります。
えっ?? と思いますよね。
雨が突然降ってきたら、お店にある傘を使えばいい、と言うのです!
「もちろん自分が使っていた傘を誰かが持って行ってしまっても、腹たてたりしないし。そうすれば傘は、順繰り循環するんだから。ねっ、買う必要ないでしょ」と得意気でした。

う〜ん、やっぱり納得できない。
この主張だって、もちろん人によるものだとわかっていますが、
でも先生が堂々とこういうこと口にするのだから、人のものを勝手に使うのはそれほど悪いことだとは思われていないのだと推測します。
金額の大きさこそ違いますが「間違えた方(ぼーっとしている方)が悪い」という考えが根底にあるからこそのこのストーリーだと思いました。
わたしだったら、発覚した時のことが恐ろしくて、絶対使えないもの。

タイトルを訳すと「だったらマンボー踊っちゃえ!」って感じでしょうか。
監督はLucio Pellegrini(ルーチョ・ペッレグリーニ)、1999年、ユーロが導入される前の映画です。
ステファノ役のLuca Bizzariとマウロ役のPaolo Kessisoglu(アルメニア出身)は、ルーカ&パオロとして、コンビで活躍する喜劇役者だそうです。
[PR]
by arinko-s | 2011-07-06 17:53 | 映画 イタリア