ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LA TIGRE E LA NEVE

b0171200_101249.jpg

2005年に公開されたベニーニの映画です。

ローマに暮らす詩人で大学教授のアッティリオ(ベニーニ)。
アッティリオには、別れた妻との間にふたりの娘がいます。
思春期の娘に、恋愛指南を語る一方で、実はアッティリオ自身が猛烈な片思いをしています。
お相手は、作家のヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)。
毎晩、彼女と結婚式をあげる夢を見るほど、その思いは募るばかり。
けれどもヴィットリアに結婚を申し込むと、ヴィットリアは「ローマに雪が降って、そこに虎がいたら、考えてもいいわ」とつれない返事。

イラク人の有名な詩人、フアド(ジャン・レノ)は、そんなふたりの共通の知人でした。
フアドは長いことパリで亡命生活を送っていましたが、イラク戦争の始まった祖国を憂慮し、帰国することを決意します。
フアドの伝記を執筆中だったヴィットリアは、フアドを追ってバクダッドに入りました。

そんなある夜のこと、アッティリオの元に一本の電話があります。
ヴィットリアが爆撃に巻き込まれ、意識不明の重体、命が危ないという、フアドからの悲しい知らせでした。
アッティリオはすぐさま、バクダッド行きを決意しますが、もちろんバクダッドの空港は閉鎖中。
医師になりすましたアッティリオは、赤十字のトラックに乗りこみ、どうにかバクダッドに入ります。
そして、薬も何もなく、ただ寝かせておく他打つ手もない病院で、アッティリオはあきらめずに東西奔走。
自ら薬を調合するなど、必死で看病を続けます。

そのかいあって、意識を取り戻したヴィットリア。
しかし時同じくして、アッティリオはゲリラ兵と間違えられ、アメリカ軍に捕まってしまう。
結局ふたりはすれ違ったまま、別々にローマに戻ってきます。
そして……

原題は『虎と雪』。これはアッティリオを一躍有名にした、彼の詩集のタイトルです。
ヴィットリアは、アッティリオのプロポーズを、このシュールなタイトルを用いて皮肉たっぷりに断ったというわけですが、このタイトルにはもうひとつ伏線があります。

ローマにふたりがそれぞれ戻ってきてからのこと。
サーカスの動物たちが檻から逃げ出してしまうという事件が起こります。
町を車で行くヴィットリアの前に現れたのは、一頭の虎。
折しも季節は春で、町中ポプラの綿毛がふわふわと舞っています。
まさしくそれは「雪が降る中、突如現れた一頭の虎」といった風景。
ヴィットリアの心に浮かんだのは、きっとアッティリオのプロポーズだったに違いありません。

邦題は『人生は、奇跡の詩』だそうです。
けれども『虎と雪』は大切なキーワード。
タイトルは『虎と雪』のままで良かったのでは? 
確かに劇中、奇跡の連続なんですけど。

綿毛はイタリアの春の風物詩です。
この綿毛が舞うシーンは、フェリーニの『アマルコルド』を彷彿とさせます。
きっと、ベニーニのフェリーニに対するオマージュなんじゃないかな、と思いました。
ちなみにアッティリオという名前は、イタリアの有名な詩人、アッティリオ・ベルトルッチへのオマージュだそうです。

Sai perché ci sono le guerre? Perché il mondo è iniziato senza l'uomo , e senza l'uomo finirà.
(どうして戦争がなくならないかわかるかい? 地球の歴史は人間のいないところで始まった。そして人間がいなくなって終わるんだ)
というフアドの台詞があります。
人間は自ら地球の終焉に向かっているんだ、ともとれるような台詞! 
表向きには、反戦を大きく打ち出しているわけではありませんが、不条理な戦争に振り回されているイラク市民の姿とか、ただ消えていく命を見守るしかない医師の悲痛な思いとか、そんなものが随所に見え隠れします。

そのせいかどうかはわかりませんが、この映画、アメリカでは大不評だったらしいです。
「2006年、ワーストワン」(サン・フランシスコ クロニクル)
「ベニーニは戦争の無意味さ、愛の力、楽天主義の強さを描きたかったのだろうが、かつて彼が人を惹き付けた力は、既に賞味期限切れだ」(デイリーニュース)
「イタリア人、イラク人、そして世界中の映画人を、ひどく辱めした一本」(ニューヨーク タイムズ)
「自分に甘く鼻持ちならない主人公。恥ずかしいほどくだらない映画のためにフィルムを消費したものだ」(ロサンジェルス タイムズ)

散々な言われ方です!
ここまでひどいとは思いませんが、『ライフ・イズ・ビューティフル』の成功が頭から離れなかったんだろうなあ、という感想は確かに拭えません。
ただベニーニならではのユーモアは、やっぱり他の誰にも真似できない!
次は別のテーマで、抱腹絶倒させてもらいたいなあ。
[PR]
by arinko-s | 2011-08-25 15:20 | 映画 イタリア

Il discorso di Haruki Murakami sul centrale nucleare

Ho tradotto in italiano il discorso di Haruki Murakami sul centrale nucleare che ha fatto il 9 di giugno. Ci voleva tanto tempo, ma…… Spero che tanti cari italiani lo leggano.
Allora, questo!


(omissis)

Vorrei continuare a parlare in maniera chiara della questione della centrale nucleare di Fukushima.

Probabilmente già saprete che tra i sei reattori nucleari, tre sono rimasti danneggiati dal terremoto e lo tsunami e stanno ancora spargendo radioattività nei dintorni. Si è verificata la fusione del nocciolo. La terra d’intorno è stata contaminata e dell’acqua contenente particelle radioattive, sta scorrendo nel mare intorno alle coste. Oltre a questo, il vento sta trasportando una vasta quantità di radiazioni in altre zone.

Oltre centomila abitanti della zona di Fukushima sono stati costretti a lasciare le loro case e ad allontanarsi dai quartieri periferici. Non sanno nemmeno se potranno ma più farvi ritorno. Mi rammarica inoltre il fatto che i danni si stanno estendendo anche ai paesi limitrofi il Giappone.

Perché è sucesso questo disastro? La causa è ovvia: perché chi ha costruito la centrale non ha calcolato la possibilità di uno tsunami così enorme. Alcuni esperti richiedevano di riesaminare le norme di sicurezza, indicando che in passato un enorme tsunami, come quest’ultimo, si è infranto nella stessa zona. Ma la compagnia elettrica non ha tenuto seriamente conto di questo suggerimento. Perché una società alla ricerca del profitto non vuole investire ingenti somme di denaro per la prevenzione di uno tsunami enorme che potrebbe arrivare tra 100 anni o più.

E poi sembra che il governo, che avrebbe dovuto controllare le misure di sicurezza delle centrali nucleari, abbia invece abbassato il grado delle norme di sicurezza stesse.

Noi dobbiamo indagare a fondo a questa situazione e denunciare tutti gli eventuali errori e negligenze. Più di diecimila persone hanno dovuto cambiare la loro vita lasciando la loro terra. Dobbiamo arrabbiarci. È legittimo!

(omissis)

Dopo la seconda guerra mondiale il Giappone aveva due grandi aspirazioni: la prima era la ripresa economica, l’altra la rinuncia alla guerra. Qualunque cosa sarebbe accaduta, non avremmo fatto più ricorso alle armi. Avremmo ottenuto il benessere economico e desiderato la pace. Questi erano i nuovi orientamenti dello Stato giapponese.

Ai caduti per la bomba atomica di Hiroshima, sono dedicate le seguenti parole incise su un monumento:

"Adesso potete dormire tranquillamente! Non ripeteremo più gli sbagli del passato."

Sono delle parole bellissime. Noi non eravamo solo vittime ma anche carnefici. Il senso delle parole è questo. Davanti all’assoluta potenza nucleare chiunque di noi è vittima, ma nello stesso tempo anche complice. Dal punto di vista della minaccia del nucleare, eravamo tutti vittime. Ma l’avere estratto quella potenza e non aver potuto impedire di usarla per fini sbagliati, ha reso tutti noi responsabili.

Ora che sono passati sessantasei anni dal lancio delle bombe atomiche, la centrale nucleare di Fukushima sta spargendo radiazioni e sta contaminando la terra, il mare e l’aria nei dintorni da tre mesi. Non sappiamo quando e se sarà possibile fermare tutto questo. È il secondo grave danno nucleare che noi giapponesi abbiamo sperimentato nella nostra storia, però questa volta nessuno ci ha lanciato delle bombe. Noi giapponesi stessi abbiamo provveduto da soli a danneggiare il nostro paese distruggendo la nostra vita.

Perché è successo tutto ciò? Il rigetto del nucleare che abbiamo continuato ad avere per lungo tempo dopo la guerra dov’è finito? La società pacifica e ricca che abbiamo conseguentemente desiderato da cosa è stata deformata e distrutta?

La spiegazione è semplice: si tratta di efficienza.

Le società elettriche sostengono che il nucleare sia un ottimo sistema per la produzione di energia elettrica. È quello insomma più proficuo. E anche vero che il governo giapponese, soprattutto dopo la crisi petrolifera, ha avuto dei forti dubbi riguardo la stabilità di rifornimento di petrolio grezzo nel prossimo futuro. Per cui, come politica nazionale, ha spinto verso la produzione di energia nucleare. Le società elettriche hanno investito una forte somma di denaro per la propaganda e hanno corrotto i mass-media. Alla fine è stata inculcata nelle menti del popolo l’illusione che la produzione di energia nucleare fosse sicurissima.

Senza che nessuno se ne accorgesse, già l’energia nucleare forniva il 30% del fabbisogno nazionale. Mentre non ce ne rendevamo conto, il Giappone, questo piccolo paese insulare in cui sono frequenti i terremoti, si classificava al terzo posto nel mondo come numero di centrali nucleari.

Ormai non si poteva più tornare indietro. Il dado era tratto. A coloro che avevano dei dubbi riguardo la produzione di energia nucleare veniva fatta una domanda dai toni minacciosi: “ Siete disposti a vivere senza sufficiente energia elettrica?" Allora fra le persone è cominciato a circolare un sentimento di impotenza: non possiamo fare a meno delle centrali nucleari. Se per esempio non si potesse usare il condizionatore d’aria durante la caldissima e umida estate giapponese, sarebbe come una tortura. Per cui chi mostrava dei dubbi riguardo il nucleare veniva etichettato come un folle sognatore.

Adesso siamo a questo punto avendo deciso di percorrere una ben determinata strada. Il reattore nucleare che sarebbe dovuto essere efficientissimo e sicuro, ormai è caduto in disgrazia. È come se avessimo aperto le porte dell’inferno. Questa purtroppo è la realtà.

Nelle parole: “Accettate la realtà!" di chi ha promosso il nucleare, questa attuale possibilità non esisteva. Poteva essere al massimo una visione altrui semplicistica e superficiale. La loro verità era dettata dalla convenienza.

È stato il crollo del mito dell’efficienza tecnologica di cui il Giappone andava a lungo fiero. Allo stesso tempo è stata la sconfitta della nostra condotta e morale. Perché noi giapponesi abbiamo approvato tacitamente il loro raggiro verbale. Adesso ci accaniamo contro la società elettrica e il governo. Questo è normale e necessario. Però allo stesso tempo dobbiamo accusare anche noi stessi. Noi siamo le vittime, tuttavia siamo anche i colpevoli. Dobbiamo averlo bene in mente altrimenti ripeteremo nuovamente gli stessi sbagli un’altra volta.

"Adesso potete dormire tranquillamente! Non ripeteremo più gli sbagli del passato."

Dobbiamo imprimere nuovamente nella nostra testa queste parole.

(omissis)

Noi dovevamo continuare a gridare “No” al nucleare. Questa è la mia ferma opinione.

Dovevamo raccogliere le nostre capacità tecnologiche, i nostri migliori scienziati e investire capitali pubblici e privati nella ricerca di una diversa produzione di energia efficace che potesse sostituire quella nucleare a livello nazionale. Anche se tutto il mondo ci avesse deriso dicendoci che non esistono migliore altrenative, che noi giapponesi siamo degli stupidi a non approffitare di tale risorsa, noi avremmo dovuto continuare ad avere la stessa avversione di sempre verso il nucleare. Sentimento che è maturato in noi dopo l’esperienza delle bombe atomiche. Non avremmo mai dovuto arrendrci. Nei nostri propositi del dopo guerra, dovevamo considerare anche lo sviluppo di un’energia che non fosse quella nucleare.

(omissis)
[PR]
by arinko-s | 2011-08-18 20:40 | 本日のイタリア語

Fitness Forever

昨日、友人から届いたCD。イタリアのグループ「Fitness Forever」のCDでした!
さっそく聴いてみると、かわいい! 
音楽がかわいい、って良くわからないけれど、軽やかなリズムと、甘いヴォーカルが、まさにChe carina! (なんてかわいいんでしょう!)って感じなんです。

え〜〜、全然知りませんでした。
調べてみたら、ナポリ出身の4人組だそうです。
昨夜、このブログにYou Tubeの動画を埋め込もうとして四苦八苦。
なぜだかどうしてもできないんです。
お時間のある方、こちらを見てください!

イタリアのポップって、ねちこっくうなるような歌が多いというイメージ。
なかなか好みの歌手には出会いません。
これは、まさにわたしのツボ! 
この暑さを吹き飛ばしてくれそうな、爽やかな音楽にどっぷりはまっちゃいそうです。
b0171200_14322048.jpg

[PR]
by arinko-s | 2011-08-14 14:38 | 音楽 イタリア

ミラノのおまわりさん、ひと苦労

La Repubblica紙ネット版に、こんな動画がありました。
「ミラノのおまわりさん、英語の追試を」というタイトルです。

観光客に英語で質問されても、堂々とイタリア語で答えるおまわりさん。
英語とイタリア語がごちゃごちゃになってしまうおまわりさん。
しどろもどろになりながらも、どうにかジェスチャーで伝えようとするおまわりさん。
冷や汗かきながらも困っている観光客を助けようと必死になっている彼らの様子を見て、
笑っちゃいけないと思いつつ、大爆笑させてもらっちゃいました。

合間、合間に出てくるモノクロの映像は、古い映画かな?
田舎から大都会のミラノに出てきたふたりは、思わずここがイタリアであるということを忘れてしまいます。
英語でおまわりさんに道を訊ねると、「イタリア語でお話ししてもらえませんか?」との返事。
そして「ああ! イタリア語がおわかりになるんですね」と、ふたりは大喜びしています。

けれども動画のおまわりさんたちは、このモノクロ映画のおまわりさんのようにはいきません。
英語の質問に対し、イタリア語で答えると「イタリア語はわかりません」とぴしっとひとこと言われてしまっています。
そして「あぁ、おわかりになりませんか…」と落胆するおまわりさん。
あぁpoverino(かわいそうに)!!

でもわたしが大笑いしてしまったのは、彼らの苦労がわかるから。
わたしも英語で質問され、例えその内容がわかったとしても、イタリア語で答えてしまう〜〜!
わたしもミラノのおまわりさん同様、「英語をもう一度勉強しなさい」と言われそうな落第組です。

そうそう、「ミラネーゼは、たとえイタリア語で道を聞かれても英語で答える」と、人に教えられたことがあります。
確かに!
まだミラノに不慣れだった頃、そんなことが何度もありました。
「『イタリア人は英語を話せない』っていう通説は、南の話。ミラノのおれたちは、きちんと英語が話せるぞ」ってアピールかもしれません。
ミラノに行って、英語で道を訊ねる場合、おまわりさんでなく、気どって歩いているミラネーゼに聞くのが正解かもしれません。
ミラネーゼか他の街出身の人かどうか、見分けるのはそう簡単ではありませんが。
[PR]
by arinko-s | 2011-08-09 18:37 | 本日のイタリア語

Un filo d'olio   ひとすじのオイル

b0171200_1215779.jpg

著者、シモネッタ・アニェッロ・ホーンビイが、幼い頃、毎夏過ごしたモゼー(アグリージェント近郊の村)での思い出が綴られたエッセーです。

時は1950年代。5月の終わりになると、アグリージェントの自宅からモゼーの別荘に引っ越しをするのが、アニェッロ家の毎年の大行事でした。
夏の間、別荘で過ごすのです。
幼いシモネッタとキアーラの姉妹、両親、家政婦、料理人、仕立て屋、子守り……
お抱えの使用人もみんな一緒に大移動。ひと騒動です。

冬の間モゼーの家には、農園管理人のヴィンチェンツォとロザリアの夫妻、その子ども9人を初め、農家の三家族が暮らしています。
ここは小麦、オリーブ、ブドウ、ピスタッチオ、アーモンドなどを育てている大農園なのです。
敷地内には礼拝堂まであるのだからすごい!

アニェッロ家がモゼーに滞在している間、おばさん、おじさん、いとこ、知人が次から次へとヴァカンスを過ごしにやってきます。
彼らの思い出と共に、モゼーの食の記憶、食卓に運ばれる味と香りの断片が綴られています。

人の思い出は、少し切なくほろ苦く。それでいてユーモラス。
モゼーでは、シモネッタ姉妹も使用人の子どもたちと一緒に遊び回り、畑の収穫を手伝います。
そして大人の会話を立ち聞きしては、大人の世界を考察するシモネッタ。
少しずつ大人の世界に足を踏み入れていく様子は、くすくす笑ってしまうところ満載でした。

そしてもうひとつの柱は、食の記憶。
どこまでも美味しそうで、思わず鼻をくんくんしてしまうほです。
けっして贅沢な食卓ではありません。
父親のアニェッロ氏は、モゼーにいる間、食料品を買うことを禁じます。
だから食卓に上るのは、基本農園で収穫したものだけ。あとは週に数度のお肉。鮮魚は食べることができません。
当然、シモネッタたちは魚を恋しがりますが(アグリージェントは海沿いの街)、父は「田舎にいる時には田舎の食事を」と厳格です。

もちろん戦後の貧しい時代ということもあると思いますが、本当に質素。
それでも、オリーブオイルやローズマリー、バジリコの香りが本の中から漂い、思わず「あ〜、美味しそう」ともらしてしまう。

例えば……
(前略)
「モゼーだけの習慣があった。羊の乳が絞られるためにできる夢のような朝食だ。寒い土地では、その日の仕事と向き合うためにも、朝一番の食事には温かい料理が欠かせない。けれども当時シチリアでは、朝食は重視されていなかった。ーー今も多くのシチリア人にとってはそんなものかもしれないがーーパンひと切れとコーヒーで、朝食をすませる人も少なくなかった。わが家も例外ではなかった。父と母はベッドでコーヒーを飲み、キアラ(妹)とわたしは〈プラズモン社〉のビスコッティか固くなったパンを食べ、カフェラテを飲むだけだった。カトラリーなどが用意されることもなく、それどころか立ったままほおばることもあった。

けれどもモゼーでは、朝食はきちんとした立派な食事だった。豪勢なほどだ。テーブルにはカトラリーが並べられた。新鮮なカード(凝乳)を食べるのだ。それはたった今中庭で作られたばかりのほやほやのカード。ミルクプリンのように輝き、すべすべとしたそのカードの上に、砂糖と粉末にしたシナモンをかけるのだ。

あるいは、まだ生温かいホエー(乳清)がじわっと出てくるリコッタチーズを鉢まるごと食べさせてもらえることもあった。甘くふわふわのリコッタチーズとホエーの組み合わせは完璧で(*リコッタチーズはチーズを作る際に出てくるホエーを利用して作られるチーズ)、わたしたちは固くなったパンをこのホエーに浸してむさぼるように食べるのだった。パン、リコッタチーズ、そしてホエー。わたしの美味三兄弟である。」

作り立てのリコッタ! 食べてみたい〜〜!

あるいは、トマトソースのパスタについて。
(前略)
「毎日食卓に上るのは、トマトソースのパスタだった。大した違いはないものの、その作り方は数限りなくあった。そしてどれが最高のトマトソースか、皆の意見が一致することは決してなかった。

たっぷり30分熱湯につけたトマトの皮を湯むきし、種を取りながら果肉を絞って、加熱を始める。けれども「基本的」なソースの作り方にも二通りあった。

アグリージェントのソースは、もっぱらにんにくが使われる。丸ごと、あるいは大きめに切ったにんにくをきつね色に炒め、トマトソースに加える。けれども、パスタとソースを和える前に、にんにくは取り出すものだという人もいれば、みじん切りにしてソースを煮込み溶かしてしまえばいい、という意見もあった。

それに対し、パレルモのソースには玉ねぎが使われるのだが、そもそも玉ねぎの種類からして、議論の火種だった。小玉ねぎに決まっているという意見もあれば、白くて甘い玉ねぎが良いという意見もあり、コクのある赤玉ねぎを使うべきだという意見もあった。次に問題になるのは、玉ねぎをいつソースに加えるのか、だった。先にオイルできつね色に炒めるのか、それともトマトを濾したものとオイルと一緒に鍋に入れるのか。時には、みじん切りのにんじんとセロリが加えられることもあった。これは少しお金のかかる贅沢なソースだ。

ともかくひとたび玉ねぎ入りのソースが作られることになれば、次は玉ねぎの切り方で意見が別れた。弱火でグツグツソースを煮込む間に玉ねぎが溶けてしまうことを好む人は、細かい細かいみじん切りにしろと言う。けれども口の中に玉ねぎの食感が残ることを好む人もいるのだ。

それだけではない。皮を湯むきしたトマトを使うのはもちろんだったが、種はその時々。全部取ってしまうこともあるが、玉ねぎやにんにく丸ごと加えたソースには、種を少し残すのだ。

わたしの一番好きなのは、トマトを生のまま使うソースだった。熟したトマトを細かく刻み、種は半分残す。にんにく、オリーブオイル、塩・こしょうと共にテラコッタのソースパンに入れたら、少なくとも3時間日光の下、あるいは日陰にーー味の好みとその日の暑さによって決めるーー置いて作るソースだ。

トマトといえば、バジリコが欠かせない。ソースを煮込む間、バジリコひと茎まるごと加え、パスタと和える時に取り出されることもあれば、葉だけをソースに加えて煮込み、そのまま食べることもあった。けれどもトマトソースとパスタをあえてからバジリコを載せたいという人もいたし、パスタと和える直前、ソースの火を消した直後にバジリコは加えるべきという人もいるのだった。」

う〜ん、奥が深い。わたしも生のトマトのパスタは大好きですが、日光に3時間もさらすなんて初めて聞きました。
にんにくは必ず入れます。アグリージェント派ですね。
バジリコはたっぷり。火を消してから加えることが多いかもしれないなあ。というかどのタイミングで入れるかなんて、あまり考えたことがなかったも。

これだけでは、シチリアの美味しそうな香りは届けられませんが、少しは伝わるかな?
ともかく全編この調子で、美味しいものの話が次から次へと出てきます。
この大所帯全員のパンを女性全員で焼く話、畑の収穫の話、母と伯母が作るデザートの話、シモネッタ自身が料理を任されたときの話……
あ〜、シチリアに行きたい!! って何度も叫びながら読んだ一冊。読んでいる間、ホント至福の時でした。

著者のシモネッタ・アニェッロ・ホーンビイは、ロンドンに暮らす国際弁護士でもあります。
作家デビュー作の「LA MENNULARA」以来、出す作品、すべて話題になる作家。
インタビューをYouTubeで見ましたが、とってもさばさばした感じの素敵な女性でした。
ロンドンで暮らしていたら、さぞかしシチリアの太陽と美味しさが恋しくなるだろうなあ。
[PR]
by arinko-s | 2011-08-07 15:48 | 読書 イタリア語

UN UOMO SENZA PANCIA…… お腹の出ていない人間なんて

『L'Espresso』誌の写真ルポ、ネット版に、ローマ近郊の海水浴場の写真を集めたものがありました。
タイトルは「経済危機時代の海岸」。
朝から夜まで、これでもかっていうくらい、日焼けすることにいそしむイタリア人。
どんなに太っていようが、水着はもちろんビキニ。
若いカップルは、周囲を気にせずイチャイチャで、
監視員はたくましく、そしてそこには必ず屋台。

経済は、今どん底のイタリアですが、海岸は例年と変わらず、ってことですね。
b0171200_214876.jpg

そうです、イタリアの水着は、基本ビキニ。
日本では、ビキニは細い人専用、って感じですが、イタリアではみんなビキニ。
こんな大きなサイズのビキニ、日本じゃ売っていませんよね。
でも例え売っていたとしても、日本の海水浴場じゃ、やっぱりこのサイズは着る勇気でないかも。
周囲に励まされるってことありますよね〜。

b0171200_20532983.jpg

気になったのは、このTシャツに書かれた文字。
UN UOMO SENZA PANCIA È COME UN CIELO SENZA STELLE
腹の出ていない人間なんて、星の出ていない空のようなものだ、と書かれています。
素晴しい、この開き直り!
この「人間」の部分、「男」ともとれますが、ここは男女平等に、男でも女でもお腹の肉は空にまたたく星のようなもの、という意味であってほしいなあ。
だからこそ、女性も堂々ビキニを着られるってものですよね。

写真は『L'Espresso』のLorenzo Meloni氏のもの。
本当の写真はこちらから → 
[PR]
by arinko-s | 2011-08-05 21:08 | 本日のイタリア語

イタリアの自然放射線

先日『Mr.サンデー』で取りあげられた、イタリアの自然放射線について書いたところ、あまりにも一気にアクセス数が増え、びびって思わず記事を削除してしまいました。
でもやっぱり、自分の言葉で書いておきたいと思い、もう一度書くことにします。

番組の内容は、ディレクターの方がイタリアとブラジルに行き、それぞれ自然放射線量を測定するというもの。それを首都圏のホットスポットと比較するとどうなのか、ということでした。

わたしは、イタリアとこんなに長く付き合っているにも関わらず、イタリアの自然放射線量が他と比べて高いということを、まったく知りませんでした。
イタリア、特に中部イタリアは、その地質の関係で自然放射線量がとても高いそうです。
花崗岩や大理石といった石の中に放射線が含まれているんですね。
イタリアはこういう石の産地であるだけでなく、古い建造物には必ずといっていいほど、こういう石が建材として使われているので、とにかく町の中どこを歩いていても、放射線量が高いというわけです。

取材地はローマでした。
番組ディレクターは、観光客なら必ず訪れる場所、コロッセオ、真実の口、スペイン広場、トレヴィの泉、そして街中の公園や中学校前で放射線量を測定していました。
これが驚くほど高い!
0.3マイクロシーベルト/hは、ざら。高いスポットでは0.4マイクロシーベルト/hを超えていました。

番組ディレクターは、そういった線量計の数値を、通りを行くイタリア人に見せては
「日本の首都圏のホットスポットと呼ばれる地域よりも高い数字ですが、いかがですか? 不安はないですか?」という質問をしていました。

でも、そんなこと聞かれたって、イタリア人、とくにローマの人たちは答えようがないというもの。自分が生まれた街、今暮らしている街の放射線量が高いからと聞いて、すぐにパニックになる人がいるでしょうか?
「ここで暮らしていくしかない」「気にしていたら暮らしていけない」と答えるに決まっています。

一番の疑問は、自然放射線と、今日本で問題になっている人工放射線を、線量だけで単純に比較してもいいのか、ということでした。
番組の中で首都大学の福士政広さんという専門家が、「自然放射線も人工放射線も、そのリスクは同じ」ときっぱり断言していました。

調べてみると、その通り。放射線(α線、β線、γ線)に、自然も人工も違いはありません。
でも大切なことは、ヨウ素131、セシウム137、ストロンチウム90、といった自然界に存在しない人工放射能は、体内に濃縮・蓄積するということ。
それに比べ、自然放射能は体内に濃縮・蓄積しないそうです。
(わかりやすく京都大学の市川定夫さんが教えてくれています→

専門家ならば、きっとご存知なはずです。どうして、この大切な部分を述べなかったのでしょうか?
それとも、特集意図からはずれる言葉としてカットされていたのでしょうか?

番組中、インタビューされているイタリア人の発言についても、たくさんの人が不快に思っているのを読みました。
わたしが発言したわけではなく日本語にしただけなのですが、なんだかとっても申し訳ない気分になっています。
でも、あのイタリア人たちも、肝心なことは知らなかったのです、きっと。
それから、流山市からきた観光客の女性が「ローマと同じなら、なんだかホッとするわ」と話されていたことにも、胸が痛みます。
同じじゃないんです! 

報道番組が報道しなければならないことって、肝心なことを省いて意味のない安心感をばらまくことじゃないはず。
なんだかあの放送以来、わたしも安全アピールに加担してしまったような気がして、胸のつかえがとれません。
[PR]
by arinko-s | 2011-08-04 11:28 | 日々思うこと