ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bacio a cinque

連休後半は仕事。楽しみにしていたイタリア映画祭も、あきらめることに。チケット、無駄にしてしまいましたが、仕方ありません。

ここのところ、映画の鑑賞記録が続いていましたが、読書もぼちぼち続けています。
超がつくほど忙しく、ヒーヒーしていた時に、心和ませてもらったのがこの本です。
b0171200_21252024.jpg

著者のGiulia Sagramola(ジュリア・サグラモラ)が、自分の誕生から小学校卒業までのエピソードをイラストで綴った本です。

例えば…
b0171200_2226267.jpg

ジュリアが2歳の頃。
山あいの小さな街で暮らすジュリア。近所のことに色々と関心を持ち始めます。
ある日、山に向かって、「CIAO!(チャオ!)」と声をかけると、「チャオ、アオ」
と返事が返ってきます。てっきり山に住んでいる子どもが返事をしてくれているのだと思ったジュリア。今度は
「COME TI CHIAMI? (ねえ、名前は?)」と訊ねます。
すると「CHIAMI?(きみは?)」と逆に聞かれ。「IO GIULIA (わたしはジュリア)」と答えました。
今度は相手が「GIULIA LIA」と返事するので、「ANCHE TU?(えっ、あなたもジュリアなの?」とジュリアはびっくり。
すると相手が「TU? TU?(君も? 君も?)」と返事。
「BASTA(いいかげんにして)」とジュリアが言うと、相手も「BASTA ASTA ASTA 」
まったくもう! ってジュリア、むっつり。ただのやまびこだったという話。

それから少したって、ジュリアに妹が生まれます。
b0171200_2227454.jpg

病院には両親の祖父母も集合。ジュリアもお父さんに連れられて病院にやってきました。
お母さんに、「ほら、妹のキアラよ」と紹介されます。「小さいでしょ? チャオ、キアラ、っていってごらん」と促され、一応「チャオ、キアラ」と気のりのしない様子で呼びかけてみたものの、「ねえ、ミケーレはどこ?」と不満顔。

実は、ジュリアはお母さんのお腹に赤ちゃんがいると知り、「赤ちゃんの名前は、ミケーレ! 絶対ミケーレ! ミケーレがいい!」と決めていたのです。
ミケーレは男の子の名前。ジュリアは弟が生まれると、信じていたのです。
だから、「キアラよ」なんていわれても、まったく合点がいかない。
おまけに……
b0171200_22272752.jpg

お父さんに「マンマとキアラはもう少し病院にいるけど、その後うちに帰ってくるからね。嬉しいだろ?」と言われ、
「なんで、その子がうちにくるの???」とびっくり。
おじいさん、おばあさんに笑われても、その理由がまったく分からない、というお話。

どこの国も子どもは同じですね。
ホント、楽しい。
ジュリアはどんどん大きくなってお姉さんぶりを発揮しますが、このキアラの下にもうひとり妹のアンナが生まれて、その2人も笑わせてくれます。

タイトルの『Bacio a cinque』は、『5人でチュッ』というところ。
ジュリアの家族は、いつも寝る前に家族で丸くなってキスをし合うのですが、
3人のチュが、4人になり、そして5人になった、というお話です。
[PR]
by arinko-s | 2012-05-06 22:27 | 読書 イタリア語