ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Un giorno perfetto 完璧な一日

b0171200_1925193.jpg


エンマ(イサベッラ・フェッラーリ)と、夫のアントニオ(ヴァレリオ・マスタンドレア)が別居を始めて一年。
エンマは子ども2人を連れて、母親の元へ戻り、新しい生活に必死です。
けれどもアントニオは、未だにエンマをあきらめきれず、家族揃って暮らしていた家を去ることもできず、ストーカーのようにエンマをつけ回しています。

ある日、エンマは深夜を回ったころ、アントニオがアパートの下から部屋を眺めていることに気づきます。不愉快な思いで朝を迎えることになるのですが、まさにその日、仕事先で首を切られてしまう。
おまけに会社を出てみれば、アントニオが待ちぶせしています。
話をしたいと迫られ車に乗ったものの、結局暴力をふられ、逃げるように町に戻ってきました。

さらに夕方、母親から「子どもたちはアントニオの家に行った」と知らされ、パニックになって後を追います。
そんな最悪の一日の締めくくりに、衝撃的な事件が、アントニオの手によって引き起こされる……。

いやはや、これが「完璧な一日」とは。

物語は、複雑な人間関係が絡み合いながら進んでいくのですが、何の脈絡もなく次々に色いろな人が登場するので、なかなか互いの関係を把握できません。

アントニオは政治家の護衛をしていて、その政治家はどうやら収賄容疑で捕まりそうになっている。
そしてその政治家の前妻は、精神的に追いつめられ自殺してしまい、彼は若い女性と再婚している。
政治家には年の離れた子どもが2人。前妻との間にできた息子は、大学の試験でぎりぎりの成績しかもらえない。成績をつけてもらえたことは、政治家の息子だからだということで、そのことが余計に彼を苦しめている。そして父親の再婚相手に恋している。
まだ幼い、おそらく後妻との間にできた子どもは、エンマの息子の同級生。2人(小学生)は、結婚の約束をしている。
そして、この政治家一家とは別に、どうやら苦しい恋をしているらしき女性が出てきて、その人はエンマの長女の担任で……

と、短時間でたくさんの人が登場。そのみんながどこかでつながっているのですが、その関係はさらっと触れられているだけ。
同名の小説が原作なのですが、どうも無理して2時間の中にストーリーを押しこんでしまった感が否めません。
それぞれの関係をもっときっちり教えてくれたら、ひょっとして「完璧な一日」の意味がわかるかもしれません。
これだけの人たちが、互いに接触を持ったという意味で、完璧な一日? 
それとも、それぞれ苦しみに決着をつけた日という意味で、完璧な一日?
いや、それだとエンマはこれからも苦しみつづけることになるだろうから違う。
何度も、この映画の意味を頭の中で反芻してみるのですが、わたしには理解できず。
どこにも救いを見つけられない一本でした。

監督は『mine vaganti』のFerzan Ozpetek。
2008年の映画です。

余談ですが、この映画を観た翌日、いつも愛用している紅茶屋さんから試飲用のお茶が送られてきました。
入っていたのは「C'EST PARFAIT!」という名前のお茶。
そして「『セ パフェ(完璧)!』な一日のためのお茶」と書かれていました。
う〜〜ん、飲む気になれない!

b0171200_215225.jpg

夫を演じているヴァレリオ・マスタンドレアは、『Tutta la vita davanti』や『La prima cosa bella』とは、まったく違う顔でした。
この映画では、見事に執拗な夫を演じていて。
俳優さんてすごいですね。
[PR]
by arinko-s | 2012-08-19 22:27 | 本日のイタリア語

alzare il gomito 「ひじを上げる」?

昨日訳していた映像の中に、alzare il gomito という言葉がありました。
直訳すると「ひじを上げる」です。
またもや???

調べてみると、「飲み過ぎる」「深酒をする」「酔っぱらう」という慣用句だそうです。
グラスを傾ける時に、ひじが上がるからこんなふうに言うのかなぁ。

他にも
alzare il dito 「指を上げる」は「降参する」の意味になるそう。
え〜〜、降参する時に上げるのは手でしょ、って突っ込みたくなりますが。

おまけに、それを否定文にして
non alzare il dito 「指を上げない」は「何もしない」「無為に過ごす」の意味だとか。
「降参しない」にならないところが、なんだか裏をかかれたようで憎たらしい。
[PR]
by arinko-s | 2012-08-16 12:10 | 本日のイタリア語

Pranzo di Ferragosto  フェッラゴストの昼食

b0171200_10102790.jpg


日本の終戦記念日8月15日は、イタリアのフェッラゴスト(聖母被昇天の祝日)です。
そのフェッラゴストの祝日を題材にした映画があったことを思い出しました。

舞台は人気のなくなった8月のローマ。みんなヴァカンス中です。
主人公の中年男性ジャンニは、ローマの中心部で年老いた母親と、2人きりの生活を送っています。
母をひとりおいて出かけることもままならず、閑散とした町に残り、母の世話をしています。

そこへアパートの管理人が訪ねてきました。
フェッラゴストの前日から旅行に行きたいので、母親を預かって欲しいというのです。
その代わり、未払いの管理費を帳消しにしてあげると。

それならば、とジャンニは彼の母親を預かる約束をしました。
ところがやってきたのは、管理人の母親とおばさんの2人。
さらに、ホームドクターに往診してもらった際、ヘルパーさんが休暇中で夜勤の間母親を見ていてくれる人がいない、と泣きつかれ、彼の母親まで預かることになってしまいます。

こうして4人の老人の世話をするはめになったジャンニ。
彼女たちそれぞれの望みをきいてあげ、意見が別れた時にはそれぞれのプライドを傷つけないように折り合いをつけ、どうにか場を丸く収めながら、必死でもてなします。
もちろんジャンニは、もううんざり、という状態でしたが、翌日のフェッラゴストの昼食は思いもよらず楽しいものに。
家族の元に彼女たちを引き渡したら、ホッとするどころか、実は自分が楽しんでいたことに気づく……

というお話です。
年をとるとみんな頑固になるというけれど、元々自己主張の強い人たちだろうから、その頑固さは立派! みんな自分を曲げません。
でも強がっている中にも、家族に置いていかれた淋しさが見え隠れして。

一番印象に残ったのは、お客様が揃った食卓に、ジャンニのお母さんが赤い口紅を引いて、靴を履き替えおしゃれをして現れるシーン。
どんな相手だろうと客は客、主人は私、という主張が見えて、さすがイタリアのご婦人! という気がしました。

息子ジャンニはというと、これが優しいんです。
当然ながら、お客様を立て、そして母も立て、あっちとこっちの間に入ってはおろおろし、時に厳しい言葉をかけながらも、彼女たちの心の奥にある淋しさを癒してあげるという優れ技。
互いに頑だった彼女たちも、次第に心を開いていきます。
b0171200_11221548.jpg

ジャンニ役を演じたジャンニ・ディ・グレゴリオは、この映画の監督でもあります。
これといった大きなできごとがあるでもなく、奇抜なところもひとつもなく、ただ淡々とローマの夏の2日間を描いただけの作品ですが、
実はイタリアの少子高齢化や、結婚しない男性という社会問題が根底にある深い作品なのでは、と思います。
イタリア人が観たらなんてことない日常かもしれませんが、日本人の私からすればなんだかイタリアの社会をぎゅっと凝縮して見せられたような一本でした。
観終えたあとの、ほのぼの感も◎。
b0171200_11305899.png

きっと彼女たちは、ジャンニの家に戻って来るに違いありません。
[PR]
by arinko-s | 2012-08-15 20:51 | 映画 イタリア