ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

ショコラ

今更ですが、あの『ショコラ』です。

もう一ページ目から、「ショコラ・ワールド」に引きずり込まれてしまいました。
あえて、あらすじをご紹介する必要はないと思うのですが、
かる〜く触れると……

舞台はフランスの小さな村。
ある日、よそ者の母娘がその村にたどりつき、村の中心、
教会に面した広場の一角にチョコレートショップをオープンします。
時は、四旬節の始まり。
日々の食事を減らし、信仰心と共同体意識を高める、
一大宗教行事“復活祭”前の大切な四十日間です。
村人たちに、この四十日の大切さを説いている神父様は、
チョコレートショップの存在が疎ましくてたまらない。
村人たちと店の女主人ヴィアンヌが親しくなればなるほどおもしろくない。
二人の対立を核にして、復活祭までの四十日間を描いた小説です。

小さな村の閉塞感。
想像に難くありません。
なぜ、放浪を続けていたヴィアンヌがこの村を次の居場所に決めたのか、ちょっと不思議。
でも、読み進めるうちに何となく理解できるような気になりました。
何もしがらみがない生活を送っていたからこそ、
そこに暮らす人たちと密に接したくなったのかもしれません。
事実ヴィアンヌはとても魅力的で、人を受け入れる広い心の持ち主でもあるし、
人から受け入れられる暖かな性質。
どんなところでも、上手くやっていく術をすでに身に付けている女性です。
その村の大きさやそこで暮らす人たちがどんな人かなんて関係ないのです、きっと。
村の匂いがぴたっと来たんだろうな。

まだ見ていなかった映画も見てみました。
ジョニー・デップもジュリエット・ヴィノシュも小説の登場人物の魅力を
すごく良く伝えているけれど、
やっぱり小説の方がおもしろかった! 
映画しか見ていない方、小説もお勧めです。

ヴィアンヌの人柄、ちょっとミステリアスな予知能力、
読者に想像の余地を残す物語の運び方。
どれもこれも魅力的でしたが、なんといってもチョコレートの描写がすごい!
もう、よだれが出てきちゃいそうになります。
熱い盛りにはチョコレートって魅力減退ですから、冬の読書向きかも。
いや、冬に読むとついついホットチョコレートに手が伸びちゃいそうだから、
ダイエット中の方は真夏に読むべきかも。
[PR]
# by arinko-s | 2009-04-05 20:31 | 読書 日本語

チェーザレ・パヴェーゼ

イタリア語の春期講習が始まりました。
冬の間、事情があってお休みしていたのですが、
今度は講座を変えて再開です。

前の授業は翻訳コースでした。
雑誌の記事や新聞記事を読むのがメイン。
でも、私の知りたいのは、もっと文学よりのこと。
こんな場合どこまで意訳しても良いのか、
こんな時、このtu(二人称)はどう訳せば良いのか、などなど。
で、今回はチェーザレ・パヴェーゼの講読コースに入ることに。

チェーザレ・パヴェーゼはイタリアの20世紀を代表する作家であり詩人。
その名前とトリノで自殺したという事実は知っているけれど、
実は読んだことがありません。
いつか読もうと思って、本棚の中で眠ったままです。

これじゃいかんなぁ、という思いもあって、いきなり原書で挑戦です。
今回は自伝的小説『丘の上の家』がテキスト。

パヴェーゼは詩人でもあったので、その文体、選ぶ単語もとても詩的だそうです。
読み慣れないと、かなり難しい、とか。

例えば今日読んだところ。
Si diceva la collina come avremmo detto il mare o la boscaglia.
直訳すると、「かつて海や森のことを話していたように、丘のことを言うようになった」なのですが、
「かつて海へ、森へと話していたように、丘へ行こうと言うようになった」
となるそうです。
「〜へ」にあたる前置詞「a」が省略されているというわけです。
これも、パヴェーゼのこだわりから。
イタリア語の響きを大切にしてのことだそうです。

う〜ん、難しい。
一人で読んでいたら、絶対そんなこと気づきませんから。

何より驚いたことに、
授業が早い!
初日は自己紹介から? とたかをくっていたら、いきなりテキストを読み始め、
あっという間にビュ〜ンと進みました。
しかも、メンバーで予習してきたメモを見ているようなのって私一人?
みんな即興で訳してる。
必死で、自分の訳と担当者の訳を付き合わせているのって、どうみても私一人でした。
ひや〜、私だったら即興はしどろもどろになってしまう。
がんばらねば。
[PR]
# by arinko-s | 2009-04-03 18:29

ヴィットリオ広場のオーケストラ

見逃してしまっていたこの映画。

舞台はローマ。
テルミニ駅近くのヴィットリオ広場にある“アポロ劇場”。
近々閉鎖されることが決まったこの劇場を救おうと、グループ“アポロ11号”が結成される。
メンバーは、この移民が多く住む広場で、
ここの住人による多国籍のオーケストラを結成しようと企画した。
国籍も職業もこえたメンバーで音楽を演奏すれば、話題にもなるし、
何より住民の一致団結を計る手段にもなるはずだった。

しかし、事はすんなりとははかどらない。
音楽のできる移民は決して多くなく、
結局はヴィットリオ広場の住人に限定する事は無理だと悟る。
ローマ中から、そしてコルシカ島に住むインドの音楽家、
果てはインドに住む彼の親戚まで招聘し、オーケストラが結成された。
 
メンバーが揃っても一筋縄では事は運ばず…
民族による反発、音楽の解釈の違い、意識の差。
次から次へと問題が湧いてくる。

しかし、そこは音楽の力が解決。
音楽の楽しさは世界共通。
メロディを奏でることで、彼らの心がひとつになっていく。

というのが、大まかなストーリー。

大人になって、できたら楽しかっただろうな、と思う事のひとつが音楽です。
楽器ができる人って格好いいし。
今から楽器は難しそうだから、合唱とかやってみようかしら、なんて思ったりもする。
まあ、それも実現しそうになく、もっぱら音楽鑑賞するだけの身ですが、
この映画を見て、う〜ん、やっぱり音楽はいいなぁ、と思いました。

移民の問題はイタリアではとても深刻で、
こうして移民にスポットを当てた映画を見ると、改めてその問題の根深さを感じさせられます。
移民排斥運動などもあるようですが、イタリア人の中にも複雑な感情があるはず。
何しろ、自分たちが貧しい時代には、
アメリカ始め南北アメリカ大陸に大挙して押しかけていた歴史があるわけですから。

とかく、移民のおかげで治安が悪化すると言われがちですが、
音楽を楽しむ彼らを見ていると、安心させられます。
イタリアで暮らしていた頃、色の浅黒い人が近寄って来るだけで、
ドキドキしていた自分を反省。
音楽は平和・共存の道具になるのかもしれません。
[PR]
# by arinko-s | 2009-04-02 21:29 | 映画 イタリア

UN POSTO NEL MONDO

直訳すると『世界のある場所』なんだけど、
『世界のここで』と訳した方が、しっくりくるこの本。
今、イタリアで大人気の若手作家FABIO VOLO(ファビオ・ヴォーロ)の
三冊目の本です。

主人公のミケーレにはフェデリーコという中学時代からの大親友がいます。
幼い頃に母親を亡くしたミケーレは、早々と家を出てアパート暮らし(これってイタリアではかなり珍しい)。
フリーランスのライター&編集者です。
フェデリーコは不動産を転がして成功。
それぞれ充実した日々を送っていたはず。

ところが、

More 続きはこちら
[PR]
# by arinko-s | 2009-03-27 17:24 | 読書 イタリア語