ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

タグ:お菓子 ( 2 ) タグの人気記事

甘い甘いイタリアのにんじんケーキ

b0171200_2111788.jpg

今、イタリアで大人気のレシピ集より、にんじんケーキを作ってみました。
あ、あ、あ、甘い!!
それもそのはず、170gもお砂糖が入っております。
アーモンドもたっぷり。
とにかく甘い。カロリー高いに違いありません。
でもおいしい。くせになる味でした。

このケーキの前に、オレンジとリコッタチーズのケーキも作ってみました。
こちらは、なんと薄力粉350g!
ほんとうかあ?? と疑心暗鬼で作ってみたところ、これはこれでおいしい。
でも、やっぱり粉の重さなのか、ずっしりおなかにたまる感じでした。

そうなんです、ここのところ、ケーキ作りにどっぷりはまっています。
イタリアのレシピではあきたらず、本屋さんで見つけたこの本。
b0171200_2191955.jpg

まずは、リンゴとカシュナッツ、メープルシロップのケーク(フランス風)。
でも、このレシピも一般的なパウンド型の分量で、薄力粉が160gに卵が3個。
生地ができた時点で「うそ〜〜〜、多いんじゃない?」と思ったものの、本を信じて型に流し込み焼いてみました。
そしたら案の定、オーブンの中で溶岩流のように型から流れ出てしまった!

う〜ん、どうもヨーロッパのケーキは、粉が多め? 砂糖も多め?
でも、毎日のようにこの本を眺めていて気づきました。
ようは中に入れるものの組み合わせいかんで、ちょっとパリっぽくなるってことなんです、きっと。

そこで、第二弾はリンゴとレモンのケーク。
でも、もう分量は無視。だってこのレシピも薄力粉160gに対して砂糖150g! 
そりゃ甘すぎるし、分量多過ぎでしょうと、日本のレシピ本でよく目にする、バター100g、薄力粉100g、砂糖100gの1:1:1の黄金比率に変えて作ってみました。
う〜ん、おいしい! リンゴにレモンの酸味が加わって、新しい発見でした。
これがパリの味かどうかは知りませんが、なんとなくパリっぽい?
でも、これはおこちゃま向きの味ではなかったらしい。
子どもには大不評。

ならば、今度は酸味は省いて。
コーヒー味のチョコチップ入りケーキに挑戦。
ところが、「コーヒー?? やめて〜」とまた子どもの反対にあい、急遽コーヒー味はとりやめに。
でもチョコチップだけでは脳がないので、目についたバナナもつぶして加えちゃいました。

そうそう、結局中身はなんでもいいんですね〜。
ちなみに、この本の前半は今話題の「ケーク・サレ」。
こちらも平行して、はまり中。
今日は、モッツアレッラとハムを入れて焼いてみました。
はい、こっちもレシピ完全に無視して、どんどんアレンジ進化中。作り方だけ参考にさせていただいています。
いまや、パリっぽさもなにもないです。
あっ、でもここに松の実入れたら、イタリアっぽい?
[PR]
by arinko-s | 2011-03-07 21:35 | 本日のイタリア語

クリスマスのお菓子といえば

日本の冬は、クリスマスケーキの予約と年賀状の印刷予約が同時で、クリスマス一色とはいきません。
しかし、イタリアはといえば、もちろんクリスマス一色!

今ごろイタリアのケーキ屋さんのショーウインドウは、イタリアの伝統的なクリスマスのお菓子、Panettone(パネットーネ)とPandoro(パンドーロ)の箱が山積みにされているはず。
このふたつが、イタリアのクリスマスを飾る2大お菓子だと思っていました。

で、毎年この時期、目にするのが
「あなたはパネットーネ派? それともパンドーロ派?」のアンケート。
が…
今年は、この2大派閥に加え、
TORRONE(トッローネ:メレンゲにアーモンドやヘーゼルナッツを加えた蜂蜜味の焼き菓子。600年前クレモナで誕生したんだって)
PANFORTE(パンフォルテ:シエナのお菓子。硬い生地にアーモンドがたっぷり入った焼き菓子。香辛料も利いているこのお菓子は、800年前に誕生)
RICCIARELLI(リッチャレッリ:またの名をモルセレッティ、あるいはマルツァパネッティ。菱形のアーモンド菓子で、食感は柔らか。これもシエナの伝統菓子)
FICHI SECCHI(フィーキ・セッキ:乾燥いちじく。チョコレート掛けや、くるみやアーモンドを中につめたもの、あるいはラムなどのお酒の香りをつけたものも)
STRUFFOLI(ストルッフォリ:ナポリのお菓子。ポーランドから来たものだそうです。ボール状に丸めた生地を揚げて、ハチミツにくぐらせ、山型に重ねたもの)
TRONCHETTO(トロンケット:ブッシュ・ド・ノエルのこと)
DOLCE DI PASTA DI MANDORLA(ドルチェ・ディ・パスタ・ディ・マンドルラ:マジパン。精巧な細工菓子。とりわけフルーツを真似たシチリアのものが有名)
BISCOTTI DI NATALE(ビスコッティ・ディ・ナターレ:ラツィオ州のものが有名だけれど、それぞれの街のものがあるみたい)
の8種を加えた人気投票が『La Repubblica』ネット版で行われています。

へ〜〜、クリスマス菓子ってこんなにたくさんあるんだあ、ってちょっと驚き。
そういえば、シエナにいたころは、大家さんがパンフォルテをお裾分けしてくれたり、シチリアーノのガエターノの家でトッローネをごちそうしてくれたりしたっけ、って思いだしました。
そうそう、シエナで暮らしていたのは、ちょうどこの季節だったから。
なにもかもクリスマス色に染まっていました。

で、わたしはといえば、パンドーロの大ファン。
数年前から、日本でもパネットーネは売られていますが、パンドーロは未だ見つけたことがありません。
ああ、パンドーロ食べたいなあ、って毎年思っています。
口の周りが真っ白になるくらい、粉砂糖をたっぷりまぶしただけのスポンジケーキ。
クリームも飾りもなにもないけれど、美味しいのです。
さっそくパンドーロに一票投じて、現時点での人気度結果を見てみました。

結果はというと、意外や意外!!
ダントツ1位は、フィーキ・セッキ、乾燥イチジク!!
6割近くが乾燥イチジクに投票しているのです。
続いて、パネットーネが16%、ストルッフォリが12%、わたし推薦のパンドーロはたったの7%だって。

すっごくびっくり。
イチジクが大好きなわたしは、クリスマスに限らず乾燥イチジクを良く食べていましたが、
これがイタリアのクリスマス菓子の定番だったとは!
今さら知る、イタリアの常識でした。
[PR]
by arinko-s | 2010-12-11 21:08 | 本日のイタリア語