ブログトップ

本日のイタリア語

cucu2.exblog.jp

タグ:児童文学 ( 12 ) タグの人気記事

LA BAMBINAIA FRANCESE

以前、ビアンカ・ピッツォルノの『Ascolta il mio cuore』(『この心臓のドキドキを聞いて』)について、ふれたところ、友人から「おもしろそうな本」との声をいただきました。
それに気を良くして、もう一冊、ピッツォルノの著作についてご紹介。

b0171200_20374025.jpg

タイトルは『LA BAMBINAIA FRANCESE』(『フランス人の子守り』)。
C.ブロンテの『ジェーン・エア』に着想を得て、ピッツォルノはこの物語を書いたそうです。

舞台は20世紀初頭のパリ。主人公のソフィーは、8歳の利発な少女です。父親を1930年の7月革命で、亡くして以来、母親のファンティーヌとふたり、モンマルトルで暮らしています。
ファンティーヌは針子の仕事で、生計を立てていました。

ある日、ファンティーヌの腕の良さを噂に聞いた男から、ブラウス12枚の注文が入ります。
ファンティーヌは、体調の悪いのをおして期限までにどうにかブラウスを仕上げました。
しかし、約束の日、発注主の男は現れません。ブラウスを買ってもらわないことには、家賃が払えません。
高熱を出して寝込んでしまったファンティーヌの横で、ソフィーは母親が大切にたたんだブラウスをそっと広げてみました。すると、余り布に届け先とブラウスの価格をメモした紙がつけられていることに気づくのです。それは、母親が請け負った金額よりも、はるかに高い金額でした。しかも、宛名は、パリで大人気のバレリーナ、セリーヌ・ヴァラン! 字の読めない母親は、このメモを読むことができなかったのでしょう。

ソフィーは、悩んだ末に、寝ている母親を置いて、自分でメモに書かれた住所へ、ブラウスを届けることにしました。外は猛吹雪。ソフィーはかごを抱え、必死で走ります。

セリーヌは、びしょぬれになったソフィーを家に招き入れ、温めてくれました。
そして、なぜこんな嵐の夜に女の子がひとりで届け物をしにきたのか、話を聞いてくれたのです。
ソフィー親子の事情を知ったセリーヌは、快くブラウスの代金を支払うと、暖炉用の炭や食料品を持たせてくれました。
そして、家に置いている黒人の少年、トゥーサンに付き添わせ、馬車で家まで送り届けてくれました。

しかし、喜び勇んで帰宅したソフィーを待っていたのは、母親の突然の死。おまけに門番は、ソフィーがどこかに行っていたことを責め立て、ブラウス代を「葬式代」として奪ってしまいました。
それを見ていたトゥーサンはソフィーを、セリーヌの家に連れて帰ろうとしました。しかし、ソフィーは母親のそばにいたい、と断ります。そして、母親の横で、一晩を過ごしました。

という、ところが、物語の導入部分。
この辺りを呼んだだけでは、どこが『ジェーン・エア』とつながるのか、まったく想像がつきません。
けれども、このあと紆余曲折があり、そして…

続きはまた今度。
[PR]
by arinko-s | 2010-11-15 21:12 | 読書 イタリア語

IL PASSATO RITORNA

b0171200_1214581.jpg

イタリアには、子どもたちが審査員となる『バンカッレリーノ賞』という児童文学の賞があります。
今年度の大賞の一冊が、この『IL PASSATO RITORNA』だと知り、さっそく読んでみました。
原題を直訳すると「よみがえる過去」。

第二次大戦が始まり、排斥ユダヤの色が濃くなりはじめたトリノ。
ユダヤ人のガブリエーレとエルジリア夫妻には、生まれたばかりの息子ダヴィデがいました。
ある日突然、ふたりは教職の座を追われてしまいます。
そればかりか、日増しにユダヤ人の暮らしは厳しいものになっていきます。
あらゆる面で制約され、外出もままならない状態でした。
もちろん、ユダヤ人狩りについての不穏な噂もあれこれと耳に入ってきます。
ダヴィデの身を案じたガブリエーレ夫妻は、スイス・ルガーノに暮らす友人、ノルベルトにダヴィデを預けることを決めます。
その願いを快く受け入れてくれたノルベルト夫妻。
子どものいなかったノルベルト夫妻の元で、ダヴィデはすくすくと育っていきます。

1943年、ついにナチスが北イタリアでのユダヤ人狩りを始めます。
そして、ガブリエーレ夫妻の不安は現実のものとなってしまう。
エルジリアはクリスチャンだったため、すぐに解放されましたが、結局爆撃の被害にあい亡くなります。
ガブリエーレはアウシュビッツに強制収容され、解放直前に亡くなってしまいました。

戦争が終わったとき、ダヴィデは既に7歳を迎えていました。
そして、ノルベルト夫妻は真実を話すきっかけをつかめないまま、時が過ぎていきます。
ダヴィデが大学を卒業するころ、夫妻も次々に亡くなり、真実は闇に閉ざされたまま、ダヴィデは大人になりました。

さらに時は過ぎ、1993年。55歳になったダヴィデの元に一本の電話があります。
それは、アウシュビッツでガブリエーレと共に過ごした、アルベルト・コーエンという男性からの電話でした。
アルベルトは、ガブリエーレの遺言を伝えようと、ダヴィデの行方を追っていたのでした。
まったく知らなかった真実を明かされたダヴィデは、驚くばかり。
とまどい、苦しみ、自分のアイデンティティをどこに求めたら良いのか、ダヴィデの葛藤が始まります。
ガブリエーレ夫妻、つまり自分の実の父親と母親について調査をし、アウシュビッツにも赴き、そして、最後はどうにか隠されていた過去を受け入れることができるようになる、という物語です。

著者のNedo Fiano(ネード・フィアーノ)自身、アウシュビッツからの生還者。もう85歳になる現役の作家です。

イタリアでも激しいユダヤ人狩りがあったことは、映画『ライフ イズ ビューティフル』でも描かれていますが、その映画『ライフ・イズ〜〜』の歴史的検証を、この本の著者であるネードが担当していたことを、今さらながら知りました。

こんな重たいテーマを取り上げた本に、子どもたちが賞を贈るなんて、ちょっと意外でした。
戦争の悲惨さ、ナチスの愚かさに加え、さらにアイデンティティーの問題。
アイデンティティーなんて、大人になった今でも難しくてよくわかりません。
自分のアイデンティティーは、なんて考えたこともないけれど、もし実際こんな立場に立たされたら、やっぱりダヴィデのように悩み、苦しむのでしょうか?
ホント、難しい。ずっしりと、心にのしかかってくるような本でした。
[PR]
by arinko-s | 2010-10-25 20:59 | 読書 イタリア語